66歳パソコン教師の日記 NO.1529 (2004.09.22)


 今朝も私の習慣で朝風呂に入っていると、一昨日、さいたま市へ行って交 換してきた電源について考えていました。輸送途中の振動で、電源だけが故 障したとは納得できないのです。電源が故障するほどの衝撃を受けたのなら、 より衝撃に弱いパーツが故障して当然です。

 「PFC 回路」なしの電源の背面には、電源ケーブルの挿し込み口とON/OFF スイッチと電圧切替えスイッチが付いています。このスイッチは、普段触れ てはいけないものなので、赤色で切替え難い形状になっています。

 ユーザーの方は「梱包を解いてケーブル類を接続しただけで、他には一切 触れてはいません」ということでしたが、もしかしたら電圧を切り替えたの ではないか、という疑問が浮かんできました。

 急いで風呂から上がり、電源を箱から取り出しました。やはり、「115V」 になっているはずの電圧切替スイッチが「230V」になっているではありませ んか。無意識に電圧を切り替えたのでしょう。

 「115V」に戻し、私のセカンドマシンの電源と交換して電源を入れると、 正常にウインドウズが起動しました。「230V」に電圧に切り替えた場合、電 源を入れると「ビー、ビッ」とビープ音がなって電源が落ち、直ぐに同じこ とを繰り返す症状が起きるということを初めて体験しました。

 一昨日は、ヘミングパソコンの欠陥?と考えて、急遽修理に行ってきたの ですが、ヘミングパソコンの欠陥ではなかったということが判り安心しまし た。同時に、私にとっても良い勉強になりました。

 電話でお問い合わせを頂いた時に、私が原因に気付いていればさいたま市 まで行くことはなかったのですから、出張修理費を頂くことなどは考えても いませんでした。

 ところが今、書留郵便が届きました。電源の故障だと思っているはずなの に、怒るどころか過分の商品券を送ってくださったのです。早速、お礼の電 話をかけ、今回のトラブルの原因をマガジンに書くことのご了解を得ました。

 ヘミングパソコンを作る喜び、ユーザーとの方たちとの触れ合い、そして 今回のような優しいお心遣い、心から幸せを感じています。これからも、メ ーカー製パソコンを上回る性能とサポートを心がけていきたいと思っていま す。

 先月、本業の不動産業を廃業し、パソコンにすべてを費やしていますが、 本当に良かったと思っています。好きなことをやって生活が出来るようにな れば、これ以上の幸せはないと思っています。


 ヘミングパソコンのサポートはIP電話で行っていますが、パソコンの調 子がおかしくなったという場合、私から「その前に何を行いましたか?」と 訊くと、「特に変わったことはやっていません」という答えが返ってくるこ とが多いのです。

 おかしくなったのには必ず原因があるのです。思い出して正確に伝えて貰 わなければ適切なアドバイスは出来ません。ありのままに伝えて頂くことが 解決の早道なのです。

 最近のヘミングパソコンには「Acronis True Image Personal」をインス トールしています。パソコンの調子がおかしくなったり、起動しなくなった 場合でも、数分でバックアップした時の快調な状態に戻ります。ヘミングパ ソコン以外でも「Acronis True Image Personal(税込み \2,079)」を使用 することをお勧めします。パソコンのトラブルとは無縁になりますよ。

 先ほど、「Acronis True Image」のサポート(プロトン)へ電話をしまし た。保存したバックアップファイルでリカバリーしようとすると、キーボー ドとマウスが認識されないため、操作を進めることが出来ないからです。

 いろいろアドバイスに従ってやってみましたが解決は出来ません。電話を 切ってから、バイオスで「USB コントローラ」を無効にしてみたところ認識 されるようになりました。このようなトラブルが起きている人はぜひお試し ください。

 9時に、昨年春に購入したユーザーからヘミングパソコン本体が送られて きました。昨日、電話でサポートをしたのですが、ウィルスソフトを使って いなかったために、ウインドウズが起動できなくなったようです。

 夕方にはクリーンインストールを完了して送り返しました。このトラブル の原因はユーザーの責任ですから、送料と修理費をご負担頂くようにお願い しました。。マガジンを読んで、自分でクリーンインストールをすればお金 はかかりません。もう少しの努力が必要なのです。