65歳パソコン教師の日記 NO.1562(2004.11.1)


 今日から11月ですね。二駅隣の「年金相談所」へ行ってきましたが、天 気が良く、とても暖かかったです。厚生年金加入期間は20年に若干足りな いので諦めていたのですが、1週間前、父の13回忌の帰りに妹に勧められ て「年金相談所」へ行ったのです。

 私が若い時は厚生年金に加入していましたが、40歳を過ぎて不動産会社 を始めた時に国民年金のことを知らず、それ以来どちらの年金にも加入して いませんでしたので、60歳を過ぎても放置していました。

 先週「年金相談所」で調べて貰ったところ、加入期間は10年に満たない 期間でした。名前の読みを「ニシクボマレミツ」から「ニシクボキミツ」に 変えて調べると更に5年ほどが追加されました。担当者が「ニシクボキミツ」 で検索してくれなかったら、この5年間も無駄になったのでしょう。

 職員がコンピュータにデータを移し変えた時に、読みを間違えて入力され たのでしょう。しかし、他に5年ほどの加入期間があるので、いろいろな名 前の読みで検索して貰いましたが、それ以上は検出されませんでした。

 加入期間が満20年に満たないので受給資格はないのですが、僅かですが 一時金を貰えるそうです。今日はその手続きに行ってきたのです。加入期間 によって一時金の額が決まるそうですが、職員の読み間違えて入力したから なのか、5年間も減ってしまいましたが、一時金ですから大差ないでしょう。

 私の知人の半数以上は同業者ですから年金受給資格がありません。厚生年 金の加入者資格を喪失した時に、どうして国民年金に加入しなければ受給資 格がなくなるということを知らせてくれなかったのでしょうね。

 私の兄と妹は会社勤務でしたから、月に20万円ほどの年金を受給してい るそうです。私は仕事を転々と変わり、その後独立した際に国民年金に加入 しなかったので、数万円の一時金を支給されて終わりだそうです。

 でも、これは他人の責任にすることはできません。反省はしても後悔はし ないというのが私の生き方ですから、これからもマガジン発行とヘミングパ ソコン作成に全力を投入していきます。


【Microsoft Word が起動しなくなった場合】 

今日は「Microsoft Word 2000/2005/2003」が起動しなくなった場合の対処 方法です。下記の操作で壊れたユーザー設定に関するデータを初期化して、 トラブルを解消することができる可能性がありますので試してください。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。 →(「レ ジストリエディタ」が起動します。)

  2. 左欄で「HKEY_CURRENT_USER」→「Software」→「Microsoft」→「Office」 とダブルクリックでキーを開いていきます。

  3. 「Office」キーの下層にある「11.0(Win XP の場合)」を開き、その下層 にある「Word」キーをダブルクリックで開きます。

    「Office 2000」の場合は「9.0」 「Office 2002」の場合は「10.0」とい う名のキーです。

  4. 「Word」キーの下層の「Data」キーを右クリック、→「削除」をクリック します。

  5. 同じように「Word」キーの下層の「Option」キーを右クリック、→「削除」 をクリックします。

  6. 右上の「閉じる」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を閉じま す。