65歳パソコン教師の日記 NO.1584(2004.11.28)


 昨日は有楽町でヘミングメイトの方たちと食事会がありました。正午に有 楽町駅前の「ビッグカメラ」に集合なので、相模原市にお住まいの「まめわ んさん」と「ちぼさん」が10時半にいつものように車で迎えに来てくださ いました。

 途中、首都高速の渋谷で事故があったために渋滞に巻き込まれて遅刻しま したが、皆で会場の「一会」という和食の店へ歩いて向かいました。11月 下旬とは信じられないような陽気で、コートなしでも汗ばむほどでした。

 1時から食事会が始まりました。参加者は「fmiyakeさん」「BOPPOさん」 「水仙さん」「まめわんさん」「ちぼさん」と私の6人です。皆さんはヘミ ングメイトオフ会の幹事を何度も務められた方たちで、普段からメールや電 話で連絡を取り合っている仲です。

 「一会」は大洗の海の幸を食べさせてくれるお店です。食事会とはいって も、fmiyakeさんとBOPPOさんと私はもっぱらビールを飲みました。久しぶり にメイトの方たちとお会いするのは嬉しいものです。会話が弾みあっという 間に2時間が経ち、コーヒーショップへ場所を移しました。

 5年前には見ず知らずだった人たちとヘミングメイトで知り合い、親友と してお付き合いをしているのは、考えてみると不思議な気がします。帰りも 「まめわんさん」と「ちぼさん」に送って貰い帰宅しました。とても楽しい 一日でした。

 ヘミングメイトオフ会は、ここ3回は東京だけで開催されていますが、地 方でも開催して欲しいと思います。ヘミングメイト会員なら誰でも開催する ことができます。同じ地域のメイトの方を誘って計画を立て、決定したら徳 さんへ連絡をして、同報メールで全会員に知らせて貰います。

 オフ会は準備が大変ですが、同じ地域の人たちでミニオフ会なら気軽に開 催できます。エクセル版会員名簿を使えば、県単位で会員を抽出することが できます。同じ地域の人たちで交流を深めてください。


【Windows OEM版】

 一般に市販されているOSの「Windows XP Professional」は「\37,500」、 「Windows XP Home Edition」は「\26,800」ですが(ヨドバシカメラ調べ)、 OEM版OSは前者が「\20,000」、後者が「\13,000」ほどですからほぼ半 額です。

 ただし、パーツと抱き合わせで買わなければならず、OEM版OSのみを 買うことはできません。 「Windows XP Professional」OEM版とバルク品 のメモリ「512MB」を一緒に買っても3万円ほどで済みます。

 ただし、制約もあります。一緒に買ったパーツを使ったパソコンにインス トールして使わなければならず、そのパーツが壊れた場合はOEM版OSも 使用できないことになっています。とはいっても実際には、パーツを交換し てもアクチベートを要求されなかったり、要求されても認証されるようです。


【Windows アップグレード版】

 「Windows XP Professional」のアップグレード版には2種類あります。 「98/Me/2000」からのアップグレードが「\24,800」、「XP Home Edition」 からのアップグレードが「\13,300」です。 後者は「ステップアップグレー ド版」といいます。

 「Windows XP Home Edition」のアップグレード版は「98/Me」からのみで 「\14,400」です。 通常版と比べればかなり安いですが、OEMよりも高い です。

 アップグレード版をインストールする場合、アップグレードの条件になっ ているOSを起動して上書きインストールを行うのが普通でしょう。でも、 この方法では古いゴミも引き継いでしまいますから、クリーンインストール をした方が良いのです。

 アップグレード版でクリーンインストールは可能ですが、アップグレード の条件となっているOSのCD−ROMが必要です。インストールの途中で 表示に従ってCD−ROMを入れ替え、確認が終わったら再度入れ替えます。

 メーカー製パソコンでリカバリーCD−ROMしか付属していない場合は 上記の方法は使えませんので、上書きインストールしか選択肢はありません。 また、サポート対象はプリインストールOSのみ、OSのアップグレードを 行うとサポート対象外になるメーカーがほとんどです。