65歳パソコン教師の日記 NO.1604(2004.12.21)


 今日のテレビで見ましたが、ウィルス対策をしていない人が26%もいる そうです。その理由は「お金がかかるから」「面倒だから」「どうすればよ いのか分からないから」がそれぞれ3分の1だそうです。どれも理由にはな りませんね。


【インデックスサービスを無効にする】

 「Windows XP」では「検索」で「ファイルに含まれる単語または句」を指 定した時の検索速度を速くするために、頻繁にバックグラウンドでインデッ クスを作成しています。

 この作業は「Indexing Service」が「cidaemon.exe」という実行ファイル を使って行っていますが、CPUに大きな負担をかけます。時にはCPUの 使用率が100%になることもあります。

「Word」や「Excel」などを起動して文書を作成している際に、動きが極端 に遅くなるようならCPU使用率を確認してください。タスクバーの何もな い個所を右クリック、→「タスクマネージャ」をクリック、→「パフォーマ ンス」タブに表示されています。

 検索速度を速くするために、日常的に動きが遅くなるのでは困りますね。 「インデックスサービス」を無効にしておくことをお勧めします。無効にし ても「検索」が体感できるほど遅くなることはありません。

  1. 「スタート」ボタンをクリック、→「マイコンピュータ」を右クリック、 →「管理」をクリックします。

  2. 左欄の「サービスとアプリケーション」をダブルクリック、→「サービス」 をクリックします。

  3. 右欄の「Indexing Service」をダブルクリック、→「全般」タブを開き、 →「停止」ボタンをクリック、→「スタートアップの種類」を「無効」に して、→「OK」ボタンをクリックします。