65歳パソコン教師の日記 NO.1607(2004.12.24)


 創刊6年目の第二日です。私の次の目標はホームページのアクセスカウン ター7桁、百万達成です。あと4万5千ほどですから、桜が咲く頃までには 達成できるでしょう。

 高い目標を掲げ、それに向かって日々努力することは立派なことですが、 66歳の私には無理なことです。途中で挫折してしまうでしょう。手の届く 目標を立て、尺取虫のように目標を積み重ねていくのが私には相応しいよう です。

 「まぐまぐメールマガジン大賞」と「創刊五周年」に対するお祝いのメー ルを沢山頂きました。お礼のメールを送信するべきなのですが、数百通とも なるととても無理なのです。この紙面を借りてお礼を申し上げます。

 今日はクリスマスイブですね。若い頃はクリスチャンでもないのに、クリ スマスパーティ券なるものを買わされて毎晩飲み歩いていたものです。戦後 のアメリカかぶれの日本人は巧みな商魂に乗せられていたのでしょうね。


【パソコンの電源】

 ここ数日、私のセカンドマシンが「ポッ」という音を立て、フリーズする 現象が起きていました。仕方なく強制終了して起動すると「チェックディス ク」が実行されます。

 その都度、リカバリーをしたり、バイオスを初期化したりしてみましたが 一向に回復しません。これはハードの故障ということです。一番疑われるの は電源ですが、まだ2年しか使っていません。

 今日も起動して一時間ほど経つと同じ現象が起きました。早速、電源を交 換してみたところ、きれいさっぱり正常になりました。予備の電源を用意し ているユーザーは少ないでしょうが、電源は消耗品と考えた方が良いでしょ う。

 このセカンドマシンには2台のハードディスク、2台の光学ドライブ、5 枚の拡張ボードなどを搭載しています。そのために電源の出力不足で寿命が 縮んだのか、電源が不良品だったのかは不明ですが、電源の寿命は結構短い のです。

 古いマシンの電源は300Wに満たないものが多いです。色々増設した場 合は出力の大きな電源に交換することが必要です。350Wで4〜5千円ほ どです。

 電源を交換するには、マザーボード、ハードディスク、光学ドライブ、フ ロッピーなどから電源ケーブルを外し、ケース背面の4本のネジを取り外し ます。装着はこの逆です。