65歳パソコン教師の日記 NO.1609(2004.12.26)


 読者の方から度々「このメルマガの内容は難解過ぎて理解できない」とい うご指摘を頂いています。創刊から丸五年も経っていますから、当時は初心 者だった読者もほとんどが中級者になっています。その読者のレベルに合わ せた内容の記事を多く書くようにしています。

 読者は毎日増え続けていますが、毎日パソコンの「いろは」から書くわけ にはいきません。初歩的な勉強をせずに、いきなり中級の記事を読んでも理 解できないのは当然でしょう。途中から購読された初心者の方は是非バック ナンバーを読んで頂きたいと思っています。

 バックナンバーは「テキスト形式」と「HTML」形式があります。ダウ ンロードは、ホームページ「SALTY」へアクセス、→トップページ中段 左のリンクをクリックします。

 数日前、長年使い続けてきた電卓がとうとう壊れてしまいました。ディス カウントショップへ行けば数百円で買えるのでしょうが、直るものなら直し て使いたいと考えるのが私たちの世代なのでしょう。

 開いてみると、半田で留めてあった電池の配線が基盤から外れていました。 近所のホームセンターで半田ごてを買ってきました。半田付けは初めての経 験でしたが直すことができました。電卓より半田ごての方が高かったのです が、捨てられる運命だった物を蘇らせた充実感を味わいました。


【ダウンロードしたアプリからインストールCDを作成】

 最近はアプリケーションのダウンロード販売が増えていますね。私も色々 なアプリのダウンロード版を利用しています。ダウンロードした圧縮ファイ ルを解凍、 →「setup.exe」などの実行ファイルをダブルクリックしてイン ストールします。

 市販されているアプリケーションはCD−ROMに収められていますから なくなることはありませんが、ダウンロード版はハードディスクに保存して おくと、間違って削除してしまったり、見失ってしまう惧れがあります。

 解凍したファイルからインストールCDを作成しておくことをお勧めしま す。「Autorun.inf」というファイルを作成し、 解凍されたファイルと一緒 にCD−Rの最上階層に焼きます。

 「Autorun.inf」の作成方法は、メモ帳を起動、 →下記の2行を貼り付け、 →「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリック、→「ファイルの種類」 欄を「すべてのファイル」とし、 →「ファイル名」欄に「Autorun.inf」と 入力、→「保存」ボタンをクリックします。

[autorun]
open=setup.exe

「setup.exe」はインストールの実行ファイル名です。実行ファイル名が異 なる場合は変更してください。

 このCD−ROMをセットすると 「setup.exe」ファイルが読み込まれ、 →自動的にインストールがスタートします。