66歳パソコン教師の日記 NO.1613 (2004.12.30)


 今年もあと僅か一日を残すのみとなりました。昨日、今年最後のヘミング パソコンの注文者の方から「ヘミングパソコンが届きました」というメール を受信しましたが、その後に「タバコの臭いでヘミング先生を身近に感じま した」と書いてありました。

 今年一年間で百数十台のヘミングパソコンを作り、作成を始めた二年前か らの総数は二百台を超えました。これらのパソコンは全国各地で順調に働い ているでことでしょう。

 ヘミングパソコンはすべて私が作り、サポートも私一人で行っています。 あまり作り過ぎると、サポートが追いつかないのではと懸念していましたが、 ヘミングパソコンユーザーのレベルが高いので、その心配は無用でした。来 年もヘミングパソコンユーザーがもっともっと増えて欲しいと思っています。


【Outlook Express 6 の添付ファイルブロック機能】

「Outlook Express 6」で添付ファイルがあるメールを開くと「次の添付フ ァイルは安全でないため、メールからのアクセスが削除されました」と表示 されることがあります。

 これは、添付ファイルが削除されたのではありません。「ツール」→「オ プション」とクリック、→「セキュリティ」タブを開き、→「ウィルスの可 能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」のチェックを外せば 添付ファイルが表示されます。

 ウィルスの有無には関係なく、単にウィルスを仕込むことが可能なファイ ル形式の拡張子が付いた添付ファイルはすべてブロックするという大雑把な 仕組みです。初期設定ではこのブロック機能が有効になっていますから、そ のまま使っている人も多いでしょう。  ブロックされる拡張子は71種類もあります。ダウンロードで良く使われ ている「自己解凍形式圧縮ファイル」の「.exe」もその一つです。ウィルス ソフトをインストールしていたり、プロバイダのウィルスサービスを利用し ているのなら、この機能をオフにしておいたほうが良いでしょう。

 ウィルス対策はこちらの方が大切です。ウィルスの中には、メールをプレ ビューしただけで感染するものもありますから、メニューバーの「表示」→ 「レイアウト」とクリック、→「プレビューウィンドウを表示する」のチェ ックは必ず外しておきます。

 私に届くメールの中には、改行されていないものがあります。「Windows XP SP2」を導入すると、送信時の改行が無効になってしまうのです。有効に する方法は「No.1571」に書いてありますのでお読みください。