66歳パソコン教師の日記 NO.1619 (2005.01.7)


 昨日はとても寒い一日でしたが、今日は朝から陽光が射し、気温もかなり 高いです。天気が良いと気分も良くなりますね。朝風呂の後、ビールを飲み ながらこのマガジンを書いています。

 パソコンのパーツのメーカー名やブランド名には、何と読むのか英語の発 音方法では判らないものがありますね。パーツメーカーは台湾が多いためで しょうか。パソコン雑誌などでもアルファベット表記のみが多く、カタカナ で読みを書いてあるのは稀です。

 先日もパーツショップで「ABIT」を「アビット」と言っている客がいまし た。私も最近まで「ASUS」を「アサス」と読むのだと思っていました。

 ABIT     エービット
 Aeolus    アイオロス
 AOpen     エーオープン
 ASUS     アスース
 EPox     イーポックス
 GeForce    ジフォース
 GeXcobe    ジーキューブ
 Perhelia   パフィリア 
 Scythe    サイズ
 TACHYON    タキオン
 TOPOWER    トッパワー
 Tyan     タヤン
 Xabre     セイバー
 XIAi     エクシーア
 XINRUILIAN  シンルイリアン


「No.1615」で書いた「Windows XP SP2 適用済セットアップCDの作成」 に関するご質問がありました。

Q)SP2 フォルダを事前に作成しておかなくても良いのですか?
A)「xcopy Q:\ C:\SP2\ /e」と入力すれば、 自動的に「SP2」フォルダが
  作成されます。

Q)リカバリーCDのみで、セットアップCD−ROMはないのですが?
A)セットアップCD−ROMがなければ作成できません。

Q)起動ディスクの作成で6枚のFDの代わりにCD−Rでは駄目ですか?
A)FDでなければ作成できません。