66歳パソコン教師の日記 NO.1620 (2005.01.08)


【起動を速くする】

 私が初めてのパソコンを買ったのは約9年前です。CPU:120MHz/Memory:16 MB/HDD:1.2GB/OS:Windows 95 の「IBM Aptiva」でした。

 現在のパソコンは、CPU:3.0GHz/Memory:1GB/HDD:160GBx2/OS:Windows XP の自作です。CPU:25x/Memory:68x/HDD:266x のスペックですが、起動時間は それほど違いません。

 これはOSや常時起動プログラムがパソコンのスペックのアップに比例し て重くなっているためでしょう。常時起動をする必要のないプログラムを停 止すると、かなり速くなります。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄  に「msconfig」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→(「シス  テム構成ユーティリティ」が起動します。)

  2. 「スタートアップ」タブを開き、→常時起動をする必要のないプログラム  のチェックを外し、→「OK」→「はい」とボタンをクリックして再起動  します。

 私は起床して直ぐにパソコンを起動します。深夜、就寝する時に「スター ト」→「終了オプション」→「電源を切る」とクリックして完全に電源を切 ります。

 その間はパソコンから離れる場合でも、電源を切らずに「スタンバイ」に しておきます。完全に電源を切った状態から起動すると、起動するまでに4 5秒かかりますが、スタンバイから起動すると15秒で起動できます。

 スタンバイ時の消費電力はパソコンにもよりますが、あるパソコン雑誌の 実験によると僅か5Wだったそうです。5Wで30秒も起動が速くなるので す。

 スタンバイには「S1」と「S3」の2種類あります。上記は「S3」で試した 結果です。「S1」のスタンバイ時の消費電力は62Wもありますが、起動時 間は8秒でした。僅か7秒の違いで12倍の消費電力です。

 メーカー製のパソコンのスタンバイは消費電力の少ない「S3」に設定され ており、自作パソコンのマザーボードでは「S1」に設定されています。

 「S1」は、CPU、メモリ、チップセットの電源はオンになっています。 電源LEDは点滅をしておりファンも回り続けており、起動時と同じような 騒音がしています。起動するにはマウスを動かすか、何かのキーを押せばO Kです。

 「S3」は、作業状態を保存するためにメモリだけに最低限の電力を供給し ています。電源LEDは消え、音もしません。電源を切った時と同じような 状態です。起動するには電源スイッチを押します。私の自作マシンは「S3」 に設定を変更しています。

 「S1」と「S3」の変更はバイオスで行ないます。

【Award BIOS】
「Power Management Setup」→「ACPI Suspend Type」で設定します。

【AMI BIOS】
「Power Management Features」→「ACPI Standby State」で設定します。 




■「ヘミングメイト姫路オフ会」のページをアップしました。

 http://www.salty1.com/hemingmate/himeji/himeji.html

 3月26日(土)に久々に関西で開催されるオフ会の詳細が決定しました。 関西でのオフ会は神戸オフ会から三年八ヶ月ぶりです。西日本にお住まいの メイトの方々にとっては待ちに待ったオフ会でしょう。

 ヘミングメイトオフ会はとても和やかな集いですから、オフ会は初めての 人も安心してご参加ください。直ぐに皆と打ち解けて楽しむことができます。 ホテルも確保してありますので、遠方の方も奮ってご参加ください。多数の ご参加を期待しています。上記のページから参加申込みができます。