65歳パソコン教師の日記 NO.1627(2005.1.15)


 昨日、読者の方から「ヘリコプターのページをアップされたのですね。子 供が喜んでいます。」というメールを頂きました。実はこのページは一年前 にアップしたものなのです。

 「その他」→「ヘリコプターの操縦」とクリック、→マウスでポイントし てヘリコプターを8方向へ飛行させることができます。このページは「ホー ムページ楽々講座」の中の1ページで、「Java Script」で作りました。 詳 細は下記のページに載っていますのでご自由にお使いください。

http://www.salty1.com/rakuraku/backnumber/170.txt

 古くからの読者の方でも、まだご覧になっていないページがあるのでしょ うね。このマガジンは創刊から五年を超えましたが、ホームページはその一 年半前の開設ですから六年半を超えました。

 「SALTY」ホームページの開設当初は10ページ足らずでしたが、日 に日に増え続けて、現在は3600ページ以上もあります。最近は時間がな いため、新しいページを作ることができないのが残念です。


【「#」記号の読み方】

 昨日のマガジンに書いた「キートップの記号の読み方」の中にある「#」 は「いげた」で、「シャープ」とは形が微妙に違うのでは? というメール を頂きました。

 キーボードのキーの配列や刻印はアメリカで規格が制定されたものですが、 アメリカには「いげた」という言葉はありません。「シャープ」または「ナ ンバー」と呼んでいます。

 日本では井桁に似ているので「いげた」と入力をして変換キーを押すと、 変換候補の中に「#」がありますが、縦線が斜めになっています。「いげた」 の語源は、井戸の上部のヘリを木で四角く組んだもので、縦横2本ずつの線 が直角に交わっているのが「いげた」の形です。

 形が微妙に違うというのは「♯」のことでしょう。こちらは横線が斜めに なっています。これは「音楽シャープ」です。「Shift」+「3」キーを押し て「変換」キーを押すと、変換候補に「#」も「♯」もあります。

 この読者の方の、マガジンを読んで疑問を感じたら、自分でいろいろ調べ てみる姿勢には感心しました。たった一つの記号でも、興味を持って調べれ ば色々なことが分かってくるものです。このように熱心な読者の方がいらっ しゃるのはとても嬉しいことです。お陰で今日のマガジンのネタになりまし た。