66歳パソコン教師の日記 NO.1633 (2005.01.22)


 新年を迎えたと思ったら、もう三週間も経ったのですね。この間、外出し たのはパーツを買いに出掛けた5回だけ、マガジンを書き、メールの返事を 出し、パスワードの発行をし、ヘミングパソコンを作り、ほとんど家でパソ コンに向かっていました。

 「No.1615」で書いた「Windows XP SP2 適用済セットアップCDの作成」 の中で、起動用FD作成用ダウンロードサイトとダウンロードしたファイル 名は「Home Edition」のものでした。「Professional」用は下記の通りです。

■ダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?Familyid=535D248D-5E 10-49B5-B80C-0A0205368124&displaylang=ja

■ダウンロードしたファイル名
WindowsXP-KB310994-SP2-Pro-BootDisk-JPN.exe


【エラー時の自動再起動を無効にする】

「Windows 2000/XP」には、エラーが発生すると自動的に再起動する機能が あります。再起動してもエラーが修復されなければ、延々と再起動を繰り返 すことになります。

  1. 「スタート」→「マイコンピュータ」を右クリック、→「プロパティ」を  クリックします。→(「システムのプロパティ」が表示されます。)

  2. 「詳細設定」タブを開き、→「起動と回復」欄の「設定」ボタンをクリッ  クします。

  3. 「システムエラー」欄の「自動的に再起動する」のチェックを外します。  ついでに、「システムログにイベントを書き込む」と「管理者へ警告を送  信する」も不要ですから、チェックを外しておきます。

  4. システムエラーが発生した際に「メモリダンプ」が書き込まれますが、一  般ユーザーが活用することは無理なので「デバック情報の書き込み」欄の  プルダウンリストから「なし」を選択しておきます。

  5. 「OK」→「OK」とボタンをクリック、→再起動します。

  6.  エラーが発生した際に「マイクロソフト」へエラーを報告する機能も煩わ  しいですね。「詳細設定」タブの「エラー報告」ボタンをクリック、→  「エラー報告を無効にする」と「重大なエラーが発生した場合は通知する」  のチェックも外しておきましょう。




    ●HTML形式バックナンバーの「1621〜1630」を「478 サラ小川さん」と  「1171 さくぼさん」に作成して頂き、昨日アップロードをしました。  テキスト形式バックナンバーも「1630」までアップしました。