66歳パソコン教師の日記 NO.1642(2005.2.6)


 風邪は一進一退の状態が続いていますが、少しずつ良くなっているのでし ょう。風邪で普段よりぼうーっとした頭ではマガジンのテーマがなかなか思 い付きません。やっとテーマが決まっても文章が纏まりません。メモ帳と2 〜3時間にらめっこして、結局は休刊になってしまいます。

 休刊続きの毎日ですが、ヘミングメイトの方々から連日多数のお見舞いメ ールが届いています。そのメールによってどれほど元気つけられていること か、本当に有難いことです。困った時こそ相手の人柄が見えてくるものです ね。


【クリーンインストールの参考】

 昨日、ヘミングパソコンユーザーの方からメールが届きました。「Window s XP Home Edition」がインストールされているパソコンに「Professional」 をクリーンインストールしたということです。他のパソコンユーザーの方に も参考になることですのでマガジンに書くことにしました。

>>Install途中、ハードディスクがC,D,Eと3つに分割されて
>>いるはずが、160GのHDD1つしかPCには認識されず、こ
>>のままinstallすればデータを保存しているD、Eドライブ
>>を消去することになるので中断しました。

 インストールの途中ではなく、インストールするドライブの選択の時点で 気が付かれたのでしょう。すでにC、D、Eのパーティションはなくなって います。この原因は「Professional」のインストールに取り掛かる前に、本 人は気が付かずに重大な操作ミスを犯し、すべてのパーティションを削除し てしまったということでしょう。

>>Installする前に、DドライブのデータをUSBのリムーバブル
>>HDDに保存しておこうと思いInstallをキャンセルしOSをHDD
>>から立ち上げようとBIOSの設定変更しましたが、これがなか
>>なかできず当日は諦めました。

 OSがインストールされていたCドライブが消えてしまったのですから、 ハードディスクから起動することはできませんし、Dドライブも消えてしま ったのですから、データは残っていません。原因はバイオスではありません からバイオスの初期化も無意味です。

>>翌日、本体の側板を開け、ボタン電池をはずしCMOSSの初期化を
>>試みHDDから立ち上げようとしましたができず。しょうがなく泣
>>き泣き諦め、CD−ROMからxp-proをinstallしました。

 パソコンの電源ケーブルを抜き、マザーボード上のボタン電池を取り外し、 10分後にボタン電池を元に戻します。これでバイオスが初期化されます。 電源ケーブルを繋ぎます。

 ただし、前日バイオスを起動して工場出荷時状態にバイオスを初期化した のですからから同じことです。また、マザーボードによっては、ボタン電池 を取り外す代わりに、ジャンパーピンを移動させ、→10分後に元の位置に 戻すものもあります。

 「Professional」のインストールの準備段階でインストールするドライブ の選択をします。おそらく、ハードディスク全体が「未使用の領域」となっ ているでしょう。「C」→「Enter」とキーを押し、容量を決めます。20G Bなら「20480」と入力、→「Enter」→「Enter」とキーを押すと「C」ドラ イブのフォーマット、→OSのインストールが行われます。

  1. 「C」ドライブ以外のパーティションは「Windows」上から作成できます。 「スタート」→「マイコンピュータ」を右クリック、→「管理」をクリッ ク、→左欄の「ディスクの管理」をクリックします。

  2. 「未使用の領域」を右クリック、→「新しいパーティション」をクリック します。→(「新しいパーティションウィザード」が起動します。)→ 「次へ」ボタンをクリックします。

  3. 「拡張パーティション」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリック します。

  4. 「パーティションサイズ」欄に最大ディスク容量が入力されていることを 確認、→「次へ」→「完了」とボタンをクリックします。

  5. 作成された「空き領域」を右クリック、→「新しい論理ドライブ」をクリ ックします。→(「新しいパーティションウィザード」が起動します。) →「次へ」ボタンをクリックします。

  6. 「論理ドライブ」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックします。

  7. 「パーティションサイズ」欄に最大ディスク容量が入力されています。→ 「Back space」キーを押して削除、→割り当てる容量を「?」単位で入力、 →「次へ」ボタンをクリックします。

  8. 「次のドライブ文字を割り当てる」にチェックを付け、→ドロップダウン リストから「D」を選択、→「次へ」ボタンをクリックします。

  9. 他のパーティションも同じようにして作成します。

 普通、「CD-ROM」などの光学系ドライブは「D」になっていますから、 予 めこのドライブ文字を「Q」などに変更しておきます。


 長時間掛かったようですが、自力でトラブルを乗り切り、クリーンインス トールに成功したことは立派ですね。問題はC、D、Eのパーティションが どうして消えてしまったかということです。何をしたのか思い出して欲しい ものです。