67歳パソコン教師の日記 NO.1705(2005.5.23)


 また二日間の休刊をしてしまいました。一昨日はパソコン製作室の準備で した。これまでは居間で窮屈な思いをしながら作っていましたが、空いてい る6畳の部屋を一日がかりでパソコン製作専用に模様替えしました。

 昨日は東京から来られたヘミングメイトのKさんとヘミングパソコンの製 作でした。9時半から組み立てを始めて11時半に完成、OS、ドライバ、 アプリのインストール、各種設定、旧パソコンからデータのコピーなどで7 時になってしまいました。

 新旧二台のパソコンをLANに繋いでデータのコピーをしようと考えてい ましたが、データ量が少なかったのでCD−Rに書き込んで新しいパソコン にコピーしました。このような場合、CD−RWメディアに書き込むと読み 取りができないケースが多いですから、CD−Rに書き込みます。


【MobileOutlookEX】

 外出先でメールの送受信を行いたい場合は、ノートパソコンなどを持って 出掛ければ、通信回線を利用できる場所で可能ですが、ノートパソコンを持 っていない場合は「USBメモリ」をポケットに入れて出掛けましょう。

 出先でパソコンを借りて、持参した「USBメモリ」を挿入します。この 中のソフトを起動して、 自分の「Outlook Express」環境でメールの送受信 が可能です。

●「MobileOutlookEX」のダウンロードと設定

  1. 「http://www.eonet.ne.jp/~hirojp/hirojp/」へアクセス、→「FreeSoft」 →「MobileOutLookEX Ver1.2.1」 →「MobileOutlookEX」をクリックすれ ばダウンロードできます。

  2. 任意の場所に「MobileOutlookEX」という名前のフォルダを作成、 →ダウ ンロードした「MobilOutlookEX.lzh」ファイルを 「MobileOutlookEX」フ ォルダ内に解凍します。

  3. 「MobileOutlookEX」フォルダごと「USBメモリ」にコピーします。

  4. 「USBメモリ」にコピーされた 「MobileOutlookEX」フォルダを開き、 →「MobilOutlookEX.exe」ファイルをダブルクリックして起動します。

  5. 「SETUP」→「SETUP」とクリックして「設定」画面を表示、→「COPY」ボ タンをクリックします。 →(自分の「Outlook Express」環境が同じフォ ルダ内にコピーされます。)

  6. コピーが完了すると「Copy Complete」と表示されます。 →「OK」ボタ ンをクリックします。

  7. 「このメールアカウントをPC上から削除しますか?」と表示されたら、 →「いいえ」ボタンをクリックします。

  8. 「END」ボタンをクリックして「MobileOutlookEX」を終了します。
●拝借したパソコン

  1. 拝借したパソコンのUSBポートに持参した「USBメモリ」を挿入しま す。

  2. 「MobileOutlookEX」フォルダを開き、 →「MobilOutlookEX.exe」ファイ ルをダブルクリックして起動します。

  3. 「Replace」ボタンをクリックします。 →「USBメモリ」から拝借した パソコンの中に自分の「Outlook Express」環境がコピーされ、 自動的に 「Outlook Express」が起動します。

  4. 「Outlook Express」を終了すると「MobileOutlookEX」が表示されます。 「Restor」ボタンをクリックします。→拝借したパソコンから「USBメ モリ」へ「Outlook Express」情報が移動します。

 拝借したパソコンには自分の 「Outlook Express」情報は一切残りません。 送受信したメールは「USBメモリ」の中です。会社のパソコンの場合も、 メールを他人に見られることがありません。