67歳パソコン教師の日記 NO.1710(2005.5.30)


 今日は雨が降り、5月末だというのに長袖を着なければ寒いほどです。昨 日の午後は家中の掃除に専念しました。体力的に疲れたために昨夜は早く休 んだので、今朝は4時に眼が覚め、起き出してマガジンを書いています。


【メモリが最安値です】

 パソコンパーツの価格は日々変動していますが、特に上下の激しいのがメ モリです。今、このメモリが史上最安値(1年前の半値)になっていますから、 増設をお考えの人にとってはチャンスです。

「Windows XP」なら「512MB」、「Windows 98/Me」なら「256MB」が望まし いメモリ容量です。物理メモリの搭載容量は、「スタート」ボタンをクリッ ク、→「マイコンピュータ」を右クリック、→「プロパティ」をクリックす ると、「全般」タブの右下に表示されています。

 ただし、オンボードのグラフィック機能を使っているパソコンの場合は、 物理メモリの一部をグラフィックに流用しますので(32MB、64MBなど)、そ れを差し引いた容量が表示されています。

 メモリには多数の規格があり、現在のメモリの主流は「DDR SDRAM」です。 さらに 「DDR SDRAM」は「PC2100」「PC2700」「PC3200」の規格に分かれて います。

 マザーボードに搭載されているチップセットによって、使用できるメモリ が決まります。 「Intel」製のデスクトップ用主要チップセットの場合は次 の通りです。

 チップセット  対応メモリ  Intel845PE/GE PC2100(DDR266)  Intel865PE/G  PC2100(DDR266)/PC2700(DDR333)/PC3200(DDR400)  Intel915P/G  PC2-3200/PC2-4300/PC3200(DDR400)

 「Intel915P/G」の場合は「DDR SDRAM」の後継規格「DDR2 SDRAM」が対応 メモリですが、 マザーボードによっては「DDR SDRAM」用のメモリスロット も併せて搭載しているものがあり、その場合は「PC3200」も利用できます。 ただし、「DDR2 SDRAM」と「DDR SDRAM」の併用はできません。

 メモリスロットとメモリの挿し込み面には切り欠きがあり、「DDR2 SDRAM」 はほぼ中央、「DDR SDRAM」は中央から5ミリほどずれています。

 「PC3200」はメモリモジュールの規格名で、最大データ転送速度「3200MB /秒」です。 また、メモリチップの規格名では「DDR400」と呼び、動作周波 数「400MHz」です。

「Intel865PE/G」と「Intel915P/G」では「デュアルチャンネル」を利用で き、同じメモリを2枚セットで搭載します。

 チップセットによって最大バンク数が決められており、「845PE/GE」は4 バンク、「865PE/G」と「915P/G」は8バンクです。 メモリスロットが空い ていても、最大バンク数を超えて搭載することはできません。

 メモリの片面のみにチップを搭載しているものを1バンク、両面に搭載し ているものを2バンクと数えます。ただし、片面実装でも2バンクという例 外もあります。

--------------------------------------------------------------------
「1707」で、指定したフォルダを開いた状態でエクスプローラを起動する 方法を書きましたが、読者の方から「/n, /e, /select, D:\MyData」のよ うに書き加えると雑誌に書いてあったというメールをいただきました。

「/select」オプションを付けると、指定したフォルダの上階層(上記の場 合は「D:」)が開き、指定したフォルダ(上記の場合は「MyData」)が選 択された状態で起動します。