67歳パソコン教師の日記 NO.1712 (2005.06.01)


 一昨日、昨日と梅雨寒のような陽気でしたが、今日は薄曇りですが、気温 はかなり上がって気分は上々です。今朝はまだ暗い3時半に起きました。

 私は「Apache2」を使ってサーバーを立ち上げていますが、 メールマガジ ン「ホームページ楽々講座」で、より簡単なウェブサーバー「AN HTTPD」を ご紹介しようと思い立ったからです。

 二つのメールマガジンを日刊で発行していると、次は何を書こうかと何時 も考えています。白紙のメモ帳を見つめ、書く題材が思いつかずに一日が終 わってしまうことも度々です。

 これは私にとって苦痛ですが、マガジンの反響が届くとその喜びの方が数 倍大きいのです。こうしてマガジン発行から5年半が経ちました。6月6日 は、ホームページ「SALTY」開設七周年になります。


【OpenOffice.org2.0 日本語版のベータ版】

 「OpenOffice.org2.0 日本語版」のベータ版がリリースされていますが、 正式リリースは6月中だそうです。 「Ver.2.0」では120もの機能強化が 施され、マイクロソフトオフィス風のインターフェースになっていますので 戸惑うことは少ないでしょう。

 このソフトには「Microsoft Office Professional(実売価格\59,800)」に 匹敵するツールが含まれています。これほどの機能を持ったソフトが無料な のですから嬉しいですね。正式リリースの前にベータ版で使い慣れておくと 良いでしょう。

 私は常々、マイクロソフの製品は高過ぎると思っていました。価格は国に よって大幅に違うのです。国民所得の低い国では日本の10分の1ほどです。 取れるところから取ろうということなのでしょう。

 以前、私は「ソースネクスト」の「Star Suite 7」を買って使ってみまし たが、慣れないインターフェースなので戸惑ってしまい、結局、アンインス トールしてしましたが 「OpenOffice.org2.0」は、マイクロソフトオフィス ユーザーにとって違和感はありません。

 「Star Suite」と「OpenOffice」は同じもので、メーカーは共に「Sun Mi crosystem」です。正式リリースされたら、ユーザーは急増するでしょうね。

 「OpenOffice.org2.0 日本語版」のベータ版は下記のサイトからダウンロ ードできます。

 http://ja.openoffice.org/

 ダウンロードした 「OOo_2.0beta_Win32Intel_install_ja.zip(83.7MB)」 ファイルをダブルクリック、 →「setup.exe」をダブルクリックしてインス トールします。インストールされた「OpenOffice.org2.0 日本語版」ベータ 版の容量は「194MB」でした。

 「MS Office Pro」の機能の他に「PDF」の作成も可能です。「Writer」で 文書を作成して、→「直接PDFとしてエクスポート」をクリックするだけ という簡単さで、このバージョンから圧縮レベルの設定も可能になっていま す。

 数日前のマガジンで 「Word」や「Excel」などの「ビューア」ソフトをご 紹介しましたが、「OpenOffice」は単に表示するだけではなく、修正、→上 書き保存も可能ですから、「ビューア」ソフトは不要ですね。




●毎日、多数の方から掲示板用のパスワード申し込みのメールが届いていま  すが、現在は個別に発行していませんので、申し込みページに載っている  IDとパスワードを使ってください。パスワードの申し込みをしないで、  このIDとパスワードを使用することを禁じます。