67歳パソコン教師の日記 NO.1735 (2005.06.29)


【外付けハードディスクケース(SATA接続)】

 昨日のマガジンに「SATA」接続外付けハードディスク「BUFFALO」の「HD- HB250S」をご紹介しましたが、多数の人から反響がありました。外付けハー ドディスクのほとんどが「IEEE1394」や「USB2.0」接続ですが、多くの人が 「SATA」接続を待ち望んでいたのでしょう。

 さて、今日は「オウルテック」の「SATA」接続外付けハードディスク用ケ ース「OWL-35HDUC/SATA (実売価格約\5,000)」のご紹介です。ケースのみで すから、中身のハードディスクは、メーカー・容量などを自由に選択できま すし、費用も安くつきます。

 「HD-HB250S」は「250GB」で「\24,000」ですが、「OWL-35HDUC/SATA」と 内蔵型「250GB」の「SATA」ハードディスクを合わせて「\20,000」以内で購 入できます。このケースはアルミ製で「8cm 角」のファンが搭載されていま す。


【シリアルハードディスク】

 「Acronis True Image Personal は「SATA HDD」には対応していないとい うことは何度もマガジンに書いていますが、何度も「PC質問箱」に、自分 のシリアルハードディスクは 「Acronis True Image Personal」でリカバリ ーできたから、「SATA HDD」には対応していないというのは間違いだと反論 されています。

 シリアルATAコネクタを登載したマザーボードが先行発売された当初は、 シリアルハードディスクの開発が遅れていたために、従来のパラレルハード ディスクの接続部分のみをシリアルATAコネクタに接続できるように変更 したものが発売されていました。

 当時は「シリアル接続ハードディスク」として販売されましたから、これ をシリアルハードディスクだと思い込んだ人もいたのでしょう。この投稿者 が使っているハードディスクは、正にこの手のハードディスクなのです。

 シリアルATAコネクタに接続できるというだけで、中身は純然たる従来 のパラレルハードディスクなのです。これをシリアルハードディスクと呼ぶ ことがそもそも間違いなのです。

 シリアルハードディスクとは、シリアルATA機能を持ったハードディス クのことです。 転送速度も、パラレルハードディスクの「100MB/133MB」と 比べ「150MB」と速いのです。 読者の皆さんが「PC質問箱」でこの投稿者 の発言を読んで、誤った知識を信じることのないよう、敢えてお知らせしま した。


【エクスプローラのファイルの並び順】

 エクスプローラを「詳細」表示にしている場合、の右欄のフォルダとファ イルは、初期設定では「名前」の昇順で並べられています。普通のフォルダ はこれで使い易いのですが、このマガジンを保存しているフォルダなどは最 新のファイルが上に表示されたいた方が使い易いのです。

 並び順はフォルダ毎に個別に設定できますから、使い易い並び順にしてお くのが良いでしょう。「名前」の「降順」にするには、タイトルバーの「名 前」をクリックします。「名前」の横の「▲」が「▼」に変わります。「更 新日時」の横に「▲」が付いていれば「更新日時」の「昇順」で並べられて いるということです。