67歳パソコン教師の日記 NO.1745(2005.7.10)


 今日の神奈川は晴れて暑くなりました。室内では数日ぶりにエアコンを点 けています。車はパーツを買いに行く時しか乗りませんが、エアコンがあま り効きません。先週から異音も聞こえるようになり、いつ動かなくなるかと びくびくしながら乗っています。十数年も経つ軽自動車ですから無理もない でしょう。

 昨日修理したショップブランドのパソコンには、驚いたことにケースファ ンが付いていませんでした。最低でも、前か後ろに1個はなければ換気がで きません。

 また、ハードディスクが2台搭載されていますが、ベイに余裕がないため に隙間がありません。これらの理由で、長時間起動しているとハードディス クがかなりの高熱になり、危険な状態です。

 朝から町田市のパーツショップへ行って、ハードディスク増設用金具とケ ースファンを買ってきて取り付けました。1時間ほど試運転をしましたが、 効果ははっきりとあらわれました。これで安心して発送することができまし た。

 ケースファンは「8cm」「9cm」「12cm」が一般的です。大きい方が効果が 高いのですが、騒音も高くなります。ファンの回転数が高い方が効果が高い のですが、騒音も高くなります。ケースに装着できるサイズを確認して買い ましょう。

 ケース前面の5インチベイなどに装着するファンコントローラーもありま す。自動と手動があり、ケース内の温度が高くなると高速回転し、低くなる と低速回転にします。

 これからは暑い日が続きますから、ケースにファンを装着する個所がある のなら、ぜひ増設した方が良いですよ。ケースファンは1千円〜2千円で買 えます。

 夏の間だけケースのカバーを外しておくとお金はかかりません。そこへ向 けて部屋用扇風機を回せば、ケースファンより音が低くて一番効果がありま すよ。

 私のパソコンは全部、カバーを年中外したままですが、暑さ対策ではなく、 パーツの交換を頻繁に行ってテストをするためです。カバーを開けたままの 方が、ケース内に埃が溜まりません。

 暑さに最も気を付けなくてはならないのは、ノートパソコンユーザーです。 今年は、パソコンショップにノートパソコン冷却用グッズがいろいろ並んで います。高性能化したパソコンは高熱を発するからでしょう。

 生ものに使う保冷剤を数袋冷やしておき、ノートパソコンを使う時に下に 敷けば良いでしょうね。これもお金はかかりませんよ。