67歳パソコン教師の日記 NO.1747(2005.7.12)


【カーネルを物理メモリに置く設定】

 最近はメモリの価格が安くなったこともあって「1024MB」も物理メモリを 搭載しているマシンも多くなりました。 「512MB」以上のメモリを搭載して いる場合、可能な限りカーネルを物理メモリに置いておき、ページングファ イルに書き出さない設定にしておくと、パフォーマンスアップになります。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「Enter」キーを押します。

  2. レジストリエディタの左欄で、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→ 「CurrentControlSet」→「Control」→「Session Manager」→ 「Memory Management」とダブルクリックでキーを開いていきます。

  3. 「Memory Management」キーを開いた状態で、 右欄の「DisablePagingExecutive」アイコンをダブルクリックで開きます。

  4. 「16進」にチェックが付いていることを確認、→「値のデータ」欄を「1」 に変更、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. 右上の「閉じる」ボタンをクリックしてレジストリエディタを終了、→再 起動します。


【メモリの価格】

 ヨドバシカメラのウェブショップで価格を調べてみました。パッケージ品 のデスクトップ用「PC3200 DDR SDRAM 512MB」の最安値は 「\11,800」でし た。

 パーツショップのドスパラの価格も調べました。こちらは、パソコンメー カー用に出荷された未包装品、俗に言うバルク品です。定評ある「SAMSUNG」 のチップ搭載の「PC3200 DDR SDRAM 512MB」は「\5,980」ですから、ほぼ半 額です。

 「1GB」を搭載するなら「\11,640」も違いますが、品質的には同等と言っ ても良いでしょう。でも、2倍もするパッケージ品を買う人が多いのですが、 金額が高い方が信頼できると考えるのは間違いです。

 バルク品すべてがOKではありません。中には粗悪品もあります。メモリ の生命とも言えるのはチップです。信頼できるメジャーチップを搭載してい る品を選ぶことが大切です。