62歳パソコン教師の日記 NO.176 (2000.6.23)


今日の神奈川は本格的な梅雨空です。私は朝から用事で外出したのですが、マンションの通路で出会った高校生から元気な声で「おはようございます」と挨拶されました。雨の中を出掛ける鬱陶しい気分が爽やかになりました。

彼等が小学生の頃は、会うと必ず挨拶をしたものですが、中学生、高校生になると、逆に挨拶をしない子が多くなりました。中には、大人でも挨拶をしない人がいますね。シャイなのでしょうか。それとも、人々の心が荒んできたのでしょうか。

海外旅行でホテルに泊まり、朝食をとりにレストランへ行くためにエレベータに乗り遭わせると、見知らぬ客同士が朝の挨拶を交わします。とても気分の良いものですね。私も自分の方から挨拶をするように心がけています。

英語を話せない日本人でも「グッドモーニング」くらいは言えますね。ところが、挨拶をされても無視する日本人が多いのです。日本で暮らしていると、挨拶をする習慣までも忘れてしまっているのでしょうか。

挨拶はコミュニケーションの基本です。挨拶も出来ない間は一人前の人間とは思えません。朝の爽やかな挨拶、楽しい一日が始まる予感がしますね。

さて、 皆さんが [GIF] ファイルを関連付けしているアプリケーションは何でしょうか。[Internet Explorer] などの [ブラウザ] に関連付けしていると不便ですから、Windows98 のユーザーなら [ペイント] に関連付けしている人が多いでしょう。

でも、 [ペイント] などに関連付けしていると、[アニメGIF] の場合は、[ブラウザ] で開かなければ動きを見ることが出来ませんね。[ブラウザ] は色々なファイル形式を開くことの出来る優れもののアプリケーションなのです。

ファイル形式に関連付けされていない [Internet Explorer] で開くには、次の操作が必要です。

  1. ファイルを選択して、→[Shift] キーを押しながら右クリック、→表示されたメニューの [アプリケーションから開く] をクリックします。

  2. [ファイルを開くアプリケーションの選択] ウインドウで、[iexplore] を選択して、→[OK] ボタンをクリックします。

この面倒な操作も、右クリックメニューに [IEで開く] を登録しておけば簡単ですよ。 ファイルを右クリック、→[IEで開く] をクリックするだけです。

では、右クリックメニューに [IEで開く] を登録する方法をご説明します。

  1. [スタート] →[ファイル名を指定して実行] とクリック、 →[名前] 欄に [regedit] と入力して、→[OK] ボタンをクリックします。

  2. [レジストリエディタ] の左欄で、 [HKEY_CLASS_ROOT] →[*] とダブルクリックして開きます。

  3. [shell] という名のサブキー(フォルダ)があるか確認します。ない場合は、右欄の何もないところを右クリック、→[新規] →[キー] とクリックしてフォルダを作成し、→名前を [shell] に変更します。

  4. [shell] フォルダを開き、 →右欄の何もないところを右クリック、→[新規] →[キー] とクリックしてフォルダを作成し、 →名前を [IEで開く] に変更します。

  5. [IEで開く] フォルダを開き、→右欄の何もないところを右クリック、→[新規] →[キー] とクリックしてフォルダを作成し、→名前を [command] に変更します。

  6. [command] フォルダを開き、→右欄の [標準] アイコンをダブルクリックで開きます。→[値のデータ] 欄に ["program files\internet explorer\iexplore.exe" %1] と入力して、→[OK] ボタンをクリック、 →右上隅の [×] をくりっくして [レジストリエディタ] を終了します。

    ※半角スペースは正確に空けて下さい。

  7. ファイルを右クリックしてメニューを表示すると [IEで開く] が追加されています。この設定は全てのファイル形式に適用されます。
同じように [メモ帳で開く] という項目も追加登録しておくと便利ですよ。[メモ帳] も色々なファイル形式を開くことが出来ますね。 システム関係のファイルも開くことが出来ます。登録の方法は [IEで開く] の場合と同じですから、ついでに登録しておきましょう。

  1. [4] と [5] の [IEで開く] と入力するところを、[メモ帳で開く] と入力して下さい。

  2. [6] の ["program files\internet explorer\iexplore.exe" %1] と入力するところを、[notepad.exe %1] と入力して下さい。