67歳パソコン教師の日記 NO.1761(2005.8.1)


 今日から八月ですね。朝から快晴で気温もかなり高くなっています。ビー チは多数の人出で賑わっていることでしょう。昨日は千葉県の九十九里浜の ビーチで落雷の被害がありましたが、事故にはくれぐれも気を付けて欲しい ものですね。


【設定のバックアップと復元】

 「Acronis True Image」などのバックアップソフトでCドライブをバック アップしておけば、万一パソコンの調子が悪くなっても、数分でバックアッ プした時点の状態にリカバリーされます。

 そのためには、OSのクリーンインストールを行い、ドライバやアプリの インストールと設定を行い、最高の状態にすることが必要です。

 OSのクリーンインストールをする場合、データのバックアップは他の場 所へコピーすれば良いのですから簡単ですが、お気に入り、アドレス帳、メ ッセージルールなどの色々な設定をひとつずつバックアップして復元するの は面倒です。

 ウインドウズには「バックアップ」というツールもありますが、古いパソ コンのファイルと設定を新しいパソコンに転送するツール「ファイルと設定 の転送ウィザード」があります。これを使って設定をバックアップすれば簡 単です。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツ ール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」とクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、→「次へ」ボタンを クリックします。

  3. 「これはどちらのコンピュータですか?」と表示されたら、→「転送元の 古いコンピュータ」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックしま す。

  4. 「転送方法を選択してください」と表示されたら、→「その他」にチェッ クを付け、→「参照」ボタンをクリックします。

  5. 保存する場所を指定、→「OK」→「次へ」とボタンをクリックします。

    ※保存する場所はCドライブ以外のハードディスクドライブなどです。

  6. 「何を転送しますか?」と表示されたら、→「設定のみ」チェックを付け、 →「次へ」ボタンをクリックします。

    ※下記の設定がバックアップされます。

    Internet Explorer のセキュリティの設定
    Internet Explorer の設定
    Microsoft Messenger
    Microsoft Netmeeting
    Outlook Express
    Windows Media Player
    コマンド プロンプト設定
    サウンドとマルチメディア
    タスク バーのオプション
    ネットワーク プリンタとドライブ
    マウスとキーボード
    ユーザー補助
    地域の設定
    表示のプロパティ

  7. バックアップが実行され、→「4」で指定した場所に「USMT2.UNC」という ファイル名で保存されます。

 OSのクリーンインストール、ドライバやアプリのインストール完了後、 設定は一切せずに、バックアップしたファイルで設定の復元を行います。

■注意!

  私は日頃から、メールデータの「Outlook Express」フォルダをCドライ ブ以外に変更するようお薦めしていますが、これを実行している場合、クリ ーンインストール後、 変更先の「Outlook Express」フォルダを空にしてか ら設定の復元を行います。

「Outlook Express」フォルダに既存のメールデータが保存されたまま設定 の復元を行うと、すべてのメールが重複してしまいますのでご注意ください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツ ール」→「ファイルと設定の転送ウィザード」とクリックします。

  2. 「ファイルと設定の転送ウィザード」が起動したら、→「次へ」ボタンを クリックします。

  3. 「これはどちらのコンピュータですか?」と表示されたら、→「転送先の 新しいコンピュータ」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリックし ます。

  4. 「Windows XP CD がありますか?」と表示されたら、→「ウィザードディ スクは必要ありません」にチェックを付け、→「次へ」ボタンをクリック します。

  5. 「ファイルと設定はどこにありますか?」と表示されたら、→「その他」 にチェックを付け、→「参照」ボタンをクリックします。

  6. 「7」で保存した「USMT2.UNC」ファイルを指定、→「OK」→「次へ」と ボタンをクリックします。

  7. 復元が完了したら、→「完了」ボタンをクリックします。