67歳パソコン教師の日記 NO.1764(2005.8.4)


 毎日暑い日が続いていますが、読者の皆さんはお元気ですか? クーラー の冷え過ぎにはご注意ください。私はクーラーを点けずに、家中の窓を開け、 扇風機を回して暑さを凌いでいます。

 暑さで食欲が減退しているので辛〜いカレーを作ろうと考え、汗をびっし ょりかきながら玉葱やジャガイモなどの野菜を炒めました。今はとろ火で煮 込んでいます。夕食のご飯は多めに炊こうと思っています。


【フォルダやファイルの暗号化】

 「Windows XP pro」には、フォルダやファイルを暗号化する機能がありま す。1台のパソコンを複数で使用している場合、他人に見られたくないフォ ルダやファイルは暗号化しておくと良いでしょう。

  1. 暗号化したいフォルダやファイルを右クリック、→「プロパティ」をクリ ック、→「全般」タブの「詳細設定」ボタンをクリックします。→(「属 性の詳細」が表示されます。)

  2. 「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを付け、 →「OK」→「OK」とボタンをクリックします。→(「属性変更の確認」 が表示されます。)

  3. 「このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する」にチ ェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。→(暗号化が実行さ れます。暗号化されたフォルダやファイル名は緑色で表示されます。)

    以上で暗号化されたフォルダやファイルは、暗号化を施したアカウントで ログインすれば普通に開くことができますが、他のアカウントで開こうと すると、→「〜へのアクセスは拒否されました」とエラーが表示されて開 くことができません。

  4. 暗号化を解除する場合は、「2.」で「内容を暗号化してデータをセキュリ ティで保護する」のチェックを外します。

    レジストリを編集すると、もっと簡単に暗号化、暗号化解除ができます。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「Enter」キーを押します。→(「レジストリエ ディタ」が起動します。)

  2. 左欄で、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→ 「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」→「Advanced」とダブル クリックでキーを開いていきます。

  3. 「Advanced」キーを開いた状態で、右欄の何もない個所を右クリック、→ 「新規」→「DWORD 値」とクリック、 →作成された「新しい値 #1」の名 前を「EncryptionContextMenu」に変更、→「Enter」キーを押して名前を 確定します。

  4. 「EncryptionContextMenu」をダブルクリックで開き、 →「値のデータ」 欄を「1」に変更、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. 右上の「閉じる」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を終了し ます。

 以上で、フォルダやファイルを右クリックすると、メニューに「暗号化」 が表示されます。これをクリック、→上記の「2.」以降を続けます。

 暗号化されたフォルダやファイルを右クリックすると、メニューに「暗号 化解除」が表示されます。これをクリック、→上記の「4.」以降を続けると、 暗号化が解除されます。


■Windows XP Home Edition の場合

「Windows XP Home Edition」の場合は「マイドキュメント」フォルダ内の み暗号化することができます。他人に見られたくないフォルダは「マイドキ ュメント」フォルダ内に入れておくと良いでしょう。

 「マイドキュメント」フォルダ、またはその中の暗号化したいフォルダを 右クリック、→「プロパティ」をクリック、→「共有」タブを開き、→「こ のフォルダをプライベートにする」にチェックを付け、→「OK」ボタンを クリックします。