67歳パソコン教師の日記 NO.1765(2005.8.6)


 今年も高校野球が始まりました。スポーツ観戦は好きですが、中でも高校 野球が一番好きです。特に夏の大会は自力で県大会を勝ち抜いてきたチーム 同士の激突ですから最高です。

 昔は雪国のチームが甲子園で勝つことは難しかったのですが、近年は地域 差がなくなりました。これは設備の充実と指導者のお陰です。今日から大会 の最終日まで、例年通りの楽しい日が続きます。


 昨日は注文を頂いたヘミングパソコンのパーツを買いに町田市へ行ってき ました。4店のパーツショップを回りましたが、指定されたグラフィックボ ードを売っている店がありません。どう機種の「64MB」を売っている店が一 店ありましたが、注文は「128MB」の方です。

 このグラフィックボードは 「MATROX Millennium P650 PCIe 128MB」とい う機種で、デジタルディスプレイを2台接続できます。グラフィックボード だけで価格は4万円、バルク品でも3万円します。

 インターネットで調べて、在庫ありという数店へ電話を掛けましたが、実 際に在庫を持ってはいませんでした。そこで、いつも利用しているドスパラ 町田店で無理を言って探して貰うことにしました。

 ドスパラ町田店ではあちこちの取引先に電話を掛けて探してくれました。 30分以上も経った頃にやっと見付かりました。そのグラフィックボードが 今日の午後に届くというので、先ほど町田市まで受け取りに行ってきました。

 このパソコンを注文された人から、棚の下に置くのでケースの高さは40 センチ以内という条件を言われていました。ヘミングパソコンのケースはミ ドルタワーで、高さは43センチほどです。

 40センチ以内なら、36センチほどの「マイクロATX」という規格の ケースにしなければなりません。当然、マザーボードも「ATA」から「マ イクロATX」の小さなものになり、拡張性が損なわれます。

 このパソコンは上記のグラフィックボードの他に、最新の「DualCore」C PU、メモリは「DDR2 SDRAM 2GB」、 ハードディスクは「SATA2 250GB」2 台という高性能機なのですから、棚のために「マイクロATX」にするのは 本末転倒です。結局、棚の使用をやめて、ミドルタワーケースにすることに なりました。良かった〜、良かった〜です。


【タワー型パソコンの薦め】

 パソコンのエンジンとも言うべきCPUを直接冷却するのは、ヒートシン クとファンで構成されているCPUクーラーす。CPUの熱をアルミや銅製 のヒートシンクに伝え、これをファンで風を送って冷やします。

 2年前から水冷式も登場しています。これは、冷却効果の他に静音効果も あります。これまでの「ATX」よりもケース内の通風を良くして、効果的 にパーツを冷却する「BTX」というフォームファクターも登場しました。

 「SYTRIN Nextherm ICS 8200」というケースにはエアコンが搭載されてい ます。ケース内部全体を冷房してしまうのですね。このケースは「460W電源」 付きで、実売価格は「\40,000」前後です。

 水冷キットだけでも数万円しますから、この価格は安いですね。実物はま だ見ていませんが、ぜひ使ってみたいです。タワー型だからこそエアコンを 内蔵できるのです。エアコンの作動音がどの程度なのかが問題ですね。

 「LGA775」対応CPUから、サイドにパッシブダクトを設けたケースを使 用するようになりました。ケースの左側板から外気を導入して、CPUクー ラーに直接吹き付けて冷やします。

 パソコンの大敵は熱ですから、以上のように色々な熱対策が考えられてい ます。スリムタイプやノートパソコンの内部には空間がほとんどありません から、充分な熱対策を施すことは不可能です。

 パソコンの性能が高くなるほど高熱が発生しますから、スリムタイプやノ ートパソコンに高性能を求めることが無理なのです。コストパフォーマンス が高いのはタワー型です。私がこれまで使ってきたパソコンはすべてタワー 型です。

 タワー型は場所をとるという人もいますが、幅は20センチ弱です。スリ ムタイプと10センチも違いません。机の上の僅か10センチ弱の幅を節約 する代償に、性能も拡張性も使い勝手も犠牲にするのは勿体ないと思います。

 私がパソコンを始めた1996年頃は、モニタの下に置くタイプが主流で、 高級機種がタワー型でした。最近はスリムタイプが主流になっていますが、 これはパソコンメーカーの都合ではないでしょうか。

 パソコンメーカーは省スペースを謳っていますが、熱対策が難しいことや、 拡張性がないことや、縦に装着したCDやDVDドライブが使い難いことな どには口を噤んでいます。

 どうしてパソコンメーカーはスリムタイプを薦めるのでしょうか。例えば、 最近はTVの視聴や録画をできるパソコンが多いですね。今使っているパソ コンでTVの視聴や録画をしたいと思ったとします。タワー型ならTVキャ プチャーボードをPCIスロットに増設すればOKです。

 ところが、スリムタイプにはTVキャプチャーボードを増設するPCIス ロットの空きがないケースがほとんどです。TVの視聴や録画をしたければ、 割高な外付けTVキャプチャーボックスを買うか、パソコンを買い換えるこ とになります。

 パソコンメーカーの思惑は、パソコンを買い換える周期を短くすることで はないでしょうか。宣伝に惑わされず、メリットとデメリットを比較して、 用途に合わせた選択をすることが必要です。


【スカイプフォンのマナー】

 最近は「スカイプフォン」を利用する人が増えていますが、マナー違反の 人もいますよ。昨日、私のスカイプフォンに電話がかかってきました。送受 器をとると子供の声が聞こえます。少し経つと大人の声で「何ですか?」と 言ってきました。

 私:「そちらから電話が掛かってきたのですが」
 相手:「今、子供とゲームをやっているので掛けていません」
 私:「そうですか、では切りますよ」
 相手:無言

 子供が間違ってスカイプフォンに触れたのかもしれません。それを確かめ もせず、謝るどころか非難する口調です。私は即、その相手をコンタクトリ ストから削除しました。

 電話に出たくないのなら、オフライン・一時退席中・退席中、取り込み中 などにしておきましょう。