67歳パソコン教師の日記 NO.1778 (2005.08.23)


【「回復コンソール」を起動する際のパスワードについて】

 昨日は「Windows XP」の「回復コンソール」について書きましたが、バー ジョンが「Home Edition」にも関わらず、「Administrator のパスワードを 入力してください」と表示されることがあります。

 また「Professional」では、パスワードを設定していないのに同じように 「Administrator のパスワードを入力してください」と表示されます。

 どちらも、何も入力せずに「Enter」キーを押せば良いのですが、 それで エラーになることもありますし、正しいパスワードを入力したにも拘らずエ ラーになってログオンできないこともあります。このような場合は下記の設 定を行います。

■「Home Edition」の場合

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄  に「regedit」と入力、 →「OK」ボタンをクリックして「レジストリエ  ディタ」を起動します。

  2. 左欄で「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→  「Windows NT」→「CurrentVersion」→「Setup」→「RecoveryConsole」  とダブルクリックでキーを開いていきます。

  3. 「RecoveryConsole」キーを開いた状態で、右欄の「SecurityLevel」アイ  コンをダブルクリックで開き、→「16進」にチェックが付いていることを  確認、→「値のデータ」欄を半角の「1」に変更、 →「OK」ボタンをク  リック、→「レジストリエディタ」を終了、→再起動します。

■「Professional」の場合

A.上記の設定を実行した後に、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」  とクリック、→「名前」欄に「secpol.msc」と入力、→「OK」ボタンを  クリックして「ローカルセキュリティ設定」ウインドウを開きます。

B.左欄で「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」とキーを開き  ます。

C.「セキュリティオプション」キーを開いた状態で、→右欄の「回復コンソ  ール: 自動管理ログオンを許可する」をダブルクリック、→「有効」にチ  ェックを付け、→「OK」ボタンをクリック、→「ローカルセキュリティ  設定」ウインドウを閉じます。


【Windows XP SP2 にアップデート後に回復コンソールをインストールする】

 Windows XP SP2 にアップデートした後に、「SP2」より前のバージョンの セットアップCD−ROMから回復コンソールをインストールすることがで きません。 この対処方法はバックナンバー「No.1640」に書いてありますの でお読みください。