67歳パソコン教師の日記 NO.1784(2005.8.30)


 「Longhorn」のコード名で開発が進められていたウインドウズの次期バー ジョンの正式名称が「Windows Vista」に決まり、 英語版ベータ1が公開さ れました。今年末にベータ2が公開され、製品版がリリースされれるのは来 年末頃だそうです。


【Windows 98/98SE の起動ディスクを1枚のFDで作る】

 「1782」では「Windows 98/98SE/Me」でマスターブートレコードやシステ ムの修復方法を書きましたが、これらを実行するには起動ディスク(FD) を使って起動します。

 「Windows Me」の起動ディスクは1枚ですが 「Windows 98/98SE」の場合 の起動ディスクは2枚です。途中で1枚目と2枚目を入れ替えたりしなけれ ばなりませんから面倒ですね。

 今日は「Windows98/98SE」の起動ディスクをFD1枚で作成する方法です。

  1. 新しいFDをドライブにセット、→エクスプローラでFDドライブを右ク リック、→「フォーマット」をクリックします。

  2. 「通常のフォーマット」と「システムファイルのコピー」にチェックを付 け、→「開始」ボタンをクリックします。→(フォーマットされ、→シス テムファイルが書き込まれます。)

  3. FDを開き、→書き込まれた4個のファイルの中から「Drvspace.bin」フ ァイルを削除します。次の3個のファイルが残っていることを確認します。

    COMMAND.COM
    IO.SYS
    MSDOS.SYS

  4. 「C:\Windows\command」フォルダの中の次の3個のファイルをFDにコピ ーします。

    XCOPY.EXE
    XCOPY32.EXE
    XCOPY32.MOD

  5. 「C:\Windows\command\edb」フォルダの中の次の12個のファイルをFD にコピーします。

    ANK16.FNT
    ANK19.FNT
    BILING.SYS
    EXTRACT.EXE
    FDISK.EXE
    HIMEM.SYS
    JDISP.SYS
    JFONT.SYS
    JKEYB.SYS
    JKEYBRD.SYS
    KANJI16.FNT
    OAKCDROM.SYS

  6. 「C:\Windows\command\edb\edb.cab」フォルダの中の次の6個のファイル をFDにコピーします。

    CHKDSK.EXE
    FORMAT.COM
    MSCDEX.EXE
    SCANDISK.EXE
    SCANDISK.INI
    SYS.COM

  7. メモ帳を起動、→下記をコピー&ペースト(貼り付け)します。最後の行 末も改行します。→「Config.sys」というファイル名でFDに保存します。

    files=10
    buffers=10
    dos=high,umb
    stacks=9,256
    device=himem.sys /testmem:off
    device=oakcdrom.sys /D:mscd001
    devicehigh=biling.sys
    devicehigh=jfont.sys /MSG=OFF
    devicehigh=jdisp.sys /HS=LC
    devicehigh=jkeyb.sys /106 jkeybrd.sys
    lastdrive=z

  8. メモ帳を起動、→下記をコピー&ペースト(貼り付け)します。最後の行 末も改行します。→「Autoexec.bat」というファイル名でFDに保存しま す。

    @echo off
    LH Mscdex.exe /D:mscd001
    Path A:\
    Prompt $p$g