67歳パソコン教師の日記 NO.1788(2005.9.4)


【メールの分割送信】

 プロバイダの多くは、メールサーバーで扱うメールサイズの上限を決めて います。そのサイズは「3MB」〜「5MB」が多いようです。サイズが大きくな るのは、画像や音声などの添付ファイルです。

 例えば、相手のサーバーの上限が「3MB」の場合に「3MB」のファイルを添 付することはできません。添付ファイルの他に本文その他があるからです。 上限を超えるメールを送信した場合、後からエラーのメールが届きます。

 「インターネットエクスプローラ」には、メールを分割して送信する機能 があります。 例えば「2MB」を超えた場合は分割して送信するように設定し ておくと、送信時に「2MB」以下に分割して送信されます。

  1. メニューバーの「ツール」→「アカウント」とクリック、→「メール」タ ブを開き、→「アカウント」を選択、→「プロパティ」ボタンをクリック します。

  2. 「詳細設定」タブを開き、→「次のサイズよりメッセージが大きい場合は 分割する」にチェックを付け、→「2000」のように数値の単位を「KB」で 入力、→「OK」→「閉じる」とボタンをクリックします。

 以上の設定をしておくだけで、メールの送受信時には何もする必要はあり ません。指定したサイズを超える場合は、送信時に自動的に分割されて送信 されます。

 分割送信したメールを相手が受信すると、分割された複数のメールがダウ ンロードされ、メールに書き込まれたプログラムによってダウンロー完了時 に自動的に1通のメールに復元されます。


【添付ファイルがショートカット】

 時々、メールにファイルが添付されているのに、それがショートカットの 場合があります。メールに添付するファイルを選択しても、送信する前に元 になるファイルを移動したり削除すると、ショートカットだけが添付されて 送信されます。


【プロポーショナルフォントは日本語文に不適】

 たまに受信したメールに「プロポーショナルフォント」を使われているこ とがあります。「プロポーショナルフォント」は文字によって幅が異なり、 欧文によく用いられます。しかし、日本語文では読み難く、行末が不揃いに なり、絵文字や顔文字も崩れてしまいます。

 「ツール」→「オプション」とクリック、→「作成」タブを開き、→「メ ール」欄の「フォントの設定」ボタンをクリック、→「MSゴシック」など の等幅フォントを選択、→「OK」ボタンをクリックします。

 次に「読み取り」タブを開き、→「メール」欄の「フォントの設定」ボタ ンをクリック、→「フォント」ボタンをクリック、→「プロポーショナルフ ォント」欄のドロップダウンリストから「MSゴシック」などの等幅フォン トを選択、→「OK」→「OK」とボタンをクリックします。