67歳パソコン教師の日記 NO.1796 (2005.09.13)


【サードパーティのクッキー】

 ウェブサイトにアクセスすると、そのサイトからクッキーが発行され、ユ ーザーのパソコンのハードディスク内に保存されます。このクッキーにはウ ェブサイトのURL、日時、回数などの情報が記録されています。

 アクセスしたウェブサイト(ファーストパーティ)が発行するクッキーと、 勝手に表示されるバナー広告サイト(サードパーティ)などが発行するクッ キーの2種類があります。プライバシー侵害などで問題となるのは、サード パーティのクッキーです。「ダイアログを表示する」に設定にしておくと安 心です。

  1. 「Internet Explorer」のメニューバーの「ツール」 →「インターネット オプション」とクリック、→「プライバシー」タブを開き、→「ポップア ップをブロックする」にチェックを付け、→「設定」ボタンをクリックし ます。

  2. 「フィルタレベル」欄のドロップダウンリストからレベルを選択、→「閉 じる」ボタンをクリックします。

  3. 「プライバシー」タブに戻り、→「詳細設定」ボタンをクリック、→下記 の項目にチェックを付け、→「OK」→「OK」とボタンをクリックしま す。

  4.  「自動 cookie 処理を上書きする」
     「ファーストパーティ」欄の「受け入れる」
     「サードパーティ」欄の「ブロックする」または「ダイアログを表示する」
     「常にセッション Cookie を許可する」

     ※「ダイアログを表示する」にチェックを付けた場合、ウェブサイトにア クセスしてサードパーティのクッキーが発行されると、→「プライバシ ーの警告」ダイアログが表示されます。→「詳細情報」ボタンをクリッ ク、→情報を確認、→「Cookie を許可」または「Cookie をブロック」 ボタンをクリックします。

     ※「セッション Cookie」とは、「Internet Explorer」が終了するとコン ピュータから削除される一時的なクッキーです。

     「既定」ボタンをクリックすると「スライダー」が表示されます。つまみ をドラッグして、6段階からプライバシー設定を選択することもできます。