67歳パソコン教師の日記 NO.1803(2005.9.20)


【システムの復元の復元ポイント自動作成のタイミング変更】

 「Windows XP」では、システムの復元の復元ポイントを、起動時間の累積 24時間毎に作成しています。このタイミングを変更できます。12時間に 変更してみましょう。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。 →(「レジ ストリエディタ」が起動します。)

  2. 左欄で、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→ 「Windows NT」→「CurrentVersion」→「SystemRestore」とダブルクリッ クでキーを開いていきます。

  3. 「SystemRestore」キーを開いた状態で、 →右欄の「RPGlobalInterval」 アイコンをダブルクリックで開き、→「10 進」にチェックを付け、→ 「値のデータ」を「43200」にして、→「OK」ボタンをクリックします。

    この単位は秒ですから、「43200」は12時間です。 デフォルトの24時 間は「86400」です。

  4. 右上の「閉じる」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を終了し ます。

    --------------------------------------------------------------------

     ボール式マウスを使っていた頃は、ボールの回転を伝える軸に埃が巻きつ いて動きが伝わらなくなってイライラしたものですが、光学式マウスになっ て解消されました。

     しかし、マウスを操作しているとマウスパッドがずれてしまい、イライラ することが度々です。市販されているマウスパッドをいろいろ試してみまし たが、ずれないマウスパッドはありません。

     私は、マウスパッドを両面テープで机に貼り付けて、ずれないようにして 使っていましたが、ずれないマウスパッドを自分で作ろうと考え、色々な素 材で試作を繰り返していましたが、絶対にずれない底面素材が見付かりまし た。

     表面には天然素材を使うことに拘り、コルクシートや天然杢などを貼って みましたが、耐久性に問題があるので諦め、塩化ビニールシートを使うこと にしました。

     一昨日、やっと納得できるものが完成しました。机にピタッと密着するの で、置いた位置からずれたり、縁がめくれることもありません。光学式マウ スでもボール式マウスでもOKです。

     昨日は、製造業者と話をしましたが、私が調べた原価の3倍以上もするの です。さらに、最小ロッドが5000枚です。それだけの資金がありません し、それだけの数を売ることも無理です。結局、自分で作り、自分で販売す ることにしました。

     今日は、朝から作り始めましたが、8時間で50枚を作ることができまし た。慣れてくれば、もっと効率が良くなるでしょう。この一ヶ月は、マウス パッドのことが頭から離れずにいましたが、完成した今は充実感を味わって います。

    --------------------------------------------------------------------

    ■ヘミングマウスパッドの販売を始めました。  サイズ:145mm x 195mm x 2mm 価格:\1,000(2枚セット、送料込み)  http://www.salty1.com/PC/pc.html#mousepad