67歳パソコン教師の日記 NO.1888(2006.1.3)


 元日は曇り、二日は雨、そして今日三日は快晴です。昨日の箱根駅伝往路 のゴールは雪の舞う芦ノ湖でしたが、今日の復路は眩いばかりの芦ノ湖を後 にしてのスタートでした。

 亜細亜大学が初優勝、私の地元神奈川の東海大学は6位、母校の早稲田大 学は今年もシード落ちでした。チームの強弱は指導者によるところが大きい のでしょうね。


【読むだけでは覚えません。実行することが大切です。】

 読者の方からのメールの多くは「パソコンのことは難し過ぎて読み飛ばし ていますが、パソコン以外の部分は楽しみにして読んでいます。」という内 容が多いのです。

 パソコンのことが難しいことはありませんが、読むだけでは頭に入りませ ん。読んだら実行してみることが大切です。書いてある通りやればOKです から、初心者の人でも大丈夫です。マガジンを印刷をして、それを見ながら 確実に実行してください。

 私が初心者の頃に一番感激したのは、フォルダとその下層のフォルダ内の ファイルをバックアップするショートカットの作成でした。しかも、新しく 作成されたファイルと変更のあったファイルのみをバックアップするのです。

 度々マガジンに書いていますから、目にされている人も多いでしょう。今 日はぜひ実行してみてください。パソコンがもっと好きになりますよ!

  1. デスクトップの何もない個所を右クリック、→「新規作成」→「ショート カット」とクリックします。

  2. 下記の1行ををコピーして入力欄に貼り付け、→「次へ」ボタンをクリッ クします。

    XCOPY "C:\My Documents" "D:\My Documents" /e /d /h /r /y

    ※"C:\My Documents" はバックアップ元のフォルダです。
    ※"D:\My Documents" はバックアップ先のフォルダです。
              予め空のフォルダを作成しておきます。サブフォル
              ダの作成は不要です。
    
    ※バックアップ元とバックアップ先のフォルダを変えて、複数のバックア
     ップ用ショートカット作成してみてください。

    ※"C:\My Documents" のようにフォルダ名にスペースが入っている場合は   ダブルクォーテーション「""」で囲います。

  3. 入力欄の「xcopy.exe」を消して、分かり易い名前を入力し、 →「完了」 ボタンをクリックします。

    ※例「BACKUP My Documents」

  4. デスクトップに作成されたショートカットを適当な場所へ移動します。

  5. ショートカットをダブルクリックすると、"C:\My Documents" フォルダと サブフォルダ、その中のすべてのファイルが、"D:\My Documents" フォル ダにコピーされます。

    次回からは新しく作成されたファイルと変更のあったファイルのみがバッ クアップされます。

 不要になったバックアップ用ショートカットは、右クリック、→「削除」 とクリックして削除します。