67歳パソコン教師の日記 NO.1918 (2005.02.10)


 昨日は久しぶりにヘミングメイト会員の方から「相互リンク」のお申し込 みがありました。ついでに調べてみると、リンク切れのページがかなりあり ました。ホームページも長く続けることは難しいのでしょうね。

 リンク切れのページをすべて削除しましたが、「相互リンク」の約束にも かかわらず、SALTYのリンクを貼っていないサイトもありました。こち らにとっては影響はありませんが、どんな些細なことでも約束を守らないの は困ったものですね。


【2進数・16進数】

 私たちが日常使っている数は10進数です。「1」「2」「3」「4」「5」 「6」「7」「8」「9」と「1」ずつ増えていきます。「9」の次は1桁上がっ て「10」になります。

 コンピュータでは2進数を使いますが、分り難いので10進数や16進数 に変換して表示されることもあります。

 2進数で使用する数は「0」と「1」だけです。「1」「10」「11」「100」 「101」「110」「111」「1000」「1001」となります。「1」の上の数はあり ませんから、次は1桁上がって「10」になります。

 16進数で使用する数は「0 〜 9」と「A 〜F」の英数字です。 「10」は 「A」、「11」は「B」、「15」が「F」です。「F」の上はありませんから、 「16」は1桁上がって「10」になります。

 10進   2進  16進    10進   2進  16進
   1     1     1      11   1011     B
   2    10     2      12   1100     C
   3    11     3      13   1101     D
   4    100     4      14   1110     E
   5    101     5      15   1111     F
   6    110     6      16   10000    10
   7    111     7      17   10001    11
   8   1000     8      18   10010    12
   9   1001     9      19   10011    13
  10   1010     A      20   10100    14
 10進数、2進数、16進数を相互に変換するには「関数電卓」を使えば 簡単です。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「電卓」をク  リックして起動します。


  2.  「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄  に「calc」と入力、→「Enter」キーを押しても「電卓」を起動できます。

  3. 「普通電卓」が表示された場合は、→「表示」→「関数電卓」とクリック  します。


  4. 「10進」にチェックを付け、→英数字キーをクリックして数値を入力、→  「16進」または「2進」にチェックを付けます。→ 入力した数値が「16進」  または「2進」に変わります。


 色は赤・緑・青の三原色を、それぞれ2桁の16進数で表すケースが多い ですね。 最高は「FF」ですから、10進数で表す場合は「255」、2進数な ら「11111111」が最高となります。

 たとえば「ブラス(真鍮色)」は「B5A642」です。最初の2桁「B5」が赤、 次の2桁「A6」が緑、その次の2桁「42」が青です。赤が一番強く、次が緑、 青の順です。この三色を混ぜれば「ブラス」になるということです。

 同じ強さの三原色を混ぜると無彩色になります。「C0C0C0」のように2桁 ずつ区切ると同じ数値になります。因みにこの色は「シルバー」です。「グ レー」は「808080」、「白」は「FFFFFF」、「黒」は「000000」です。