68歳パソコン教師の日記 NO.1937(2006.3.4)


 一昨日の夜、修理依頼のヘミングパソコンが届きました。私が製作を始め る前のマシンですから3年以上は経っています。症状は、起動したりしなか ったりするということですので、一晩かけて動作確認をしました。

 正常なら、電源ボタンを押すと「ピッ」とビープ音が鳴りますが、鳴った り鳴らなかったりです。鳴らない場合はディスプレイには何も表示されませ ん。本体からディスプレイに信号が送られていない状態です。

 再起動のためのリセットボタンを押すと「ピッ」と鳴って起動します。1 回で駄目な場合は、2回、3回と繰り返すと起動します。電源を切って直ぐ の場合は正常に起動しますが、長時間経つと正常には起動しなくなり、リセ ットボタンを押さなければなりません。

 このことから、電源が怪しいと思って交換してみましたが変化はありませ ん。電源ケーブルとコネクタも点検しましたが異常はありません。

 起動時のPOST画面に 「CMOS checksum error - Defaults loaded」と いうエラーが頻繁に表示されて止まってしまい、その度にバイオスの初期化 をしなければなりません。

 これはマザーボードメーカーのウェブサイトから、最新のバージョンをダ ウンロードしてバイオスのアップデートを行ないました。その結果、POS T画面のエラーは表示されなくなりました。ひとつ解決です。

 起動はしても、アプリのインストールなどの最中に突然再起動したり、ブ ルースクリーンが表示されたり、動作がとても不安定です。完全に起動しな いのなら原因を特定し易いのですが、起動したりしなかったりという症状は 原因を特定するのが難しいのです。

 CPUとメモリを搭載し直しましたが、共に変化はありませんでした。起 動する時もあるのだから、CPUとメモリは関係ないでしょう。この故障は かなり手強そうです。

 2台のハードディスクを「MAXTOR Power Max」というツールでテストを行 なったところ、1台目(マスター)のハードディスクに問題があることが判 定されました。このテストには2時間もかかりました。

 2台目(スレーブ)のハードディスクをマスターに変更、OSをクリーン インストールして、動作確認をしましたが結果は同じです。IDEケーブル を交換してみましたが、これも同じです。これまでの最も手強い故障と言え るでしょう。

 そうこうしている内に4日の朝になってしまいました。昨日のマガジンは 休刊してしまいました。2日の夜から初めたのですから、既に36時間も経 っているのです。少し眠らなければとベッドに入りましたが、故障の原因を 考えてしまい眠ることができません。

 ヘミングパソコンにはメーカー製チップのメモリを使用していますが、初 期の外注品(数台)には搭載されていません。もしかしてと思い、起き出し てメモリを交換してみました。OKでした。5時間ほど動作確認を続けまし たが、トラブルは完全に解消しました。原因は、バイオスとメモリだったの です。

 問題があると判定されたハードディスクですが、まだ使用可能なのでスレ ーブにしましたが、ユーザーのご希望でよりサイズの大きなものに交換する ことにしました。明日、ハードディスクを買ってきて、OSのクリーンイン ストールからやり直しです。

 今回はかなり苦戦しましたが、寝る時間が惜しいほど楽しかったです。夕 方5時半を過ぎたのに、外はまだ青空が広がっています。今日は久しぶりの 快晴で暖かかったです。桜の季節も間もなくですね。今はとてもウキウキし た気分です。