68歳パソコン教師の日記 NO.1942 (2005.03.09)


 最近は手紙なども手書きをせずに、パソコンで入力して印刷しています。 しかし、活字ですから素っ気ないですね。ソースネクストから発売されてい る「まるで手書き」というソフトを使うと、自分の手書きに近いフォントを 作成できるそうです。

 見本の文章を原稿用紙に書き写してスキャナで読み込むと、手書きの癖を 抽出して手書き風フォントを生成してくれるのだそうです。今日も町田へパ ーツを買いに行ったついでに、このソフトを買おうと思って探しましたが、 見つけることができませんでした。また明日探しに行ってきます。


【ワトソン博士を無効にする】

 「Windows XP」にはシステムの自動診断プログラム「ワトソン博士」が付 属しています。システムエラーが発生した場合、下記の「drwtsn32.log」フ ァイルにエラー情報が記録されます。

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Dr Wa tson\drwtsn32.log

 しかし、一般の人にはエラー情報を読んでも役には立たないでしょうから、 ログの記録をしないようにしておきましょう。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「drwtsn32」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。→(「ワト ソン博士」ダイアログが開きます。)


  2. 「オプション」欄のすべてのチェックをオフにし、→「OK」ボタンをク リックします。


 ログの記録をしないのなら「ワトソン博士」自体を無効にしてしまった方 が良いですね。下記のようにします。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。 →(「レジ ストリエディタ」が起動します。)


  2. 左欄で「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→ 「Windows NT」→「CurrentVersion」→「AeDebug」 とダブルクリックで キーを開いていきます。


  3. 「AeDebug」キーを開いた状態で、 右欄の「Auto」をダブルクリックで開 き、→「値のデータ」欄を半角の「0」(ゼロ)にします。


  4. 右上の「閉じる」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を終了し ます。


 「ワトソン博士」自体を有効にするには、 上記の「C」で「0」を「1」に 変更します。

 「レジストリエディタ」を起動しなくても「ワトソン博士」自体を有効に することができます。「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリ ック、→「名前」欄に「drwtsn32 -i」と入力、 →「OK」ボタンをクリッ クします。