68歳パソコン教師の日記 NO.1955 (2006.03.24)


 選抜高校野球二日目、神奈川の横浜高校が大阪の履正社を1対0で完封し ました。初出場の日本最南端の高校沖縄八重山商工が富山の高岡商を5対2 で破りました。八重山商工の大嶺投手が17奪三振、横浜高校の2回戦の相 手としては手強いです。

 明日は午後7時からプロボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッ チ「長谷川穂積対ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)」の試 合があります。楽しみですね。

 19日にヘミングパソコンが届いたユーザーから、翌日、電源スイッチを 押してもディスプレイに何も表示されないという電話がありました。本体の パワーLEDとハードディスクLED、ディスプレイのLEDも点いている そうです。

 この場合の原因は本体とディスプレイを繋ぐRGBケーブルの接続不良で す。RGBケーブルの両端のコネクタ(D-Sub15pin)を、本体とディスプレ イから一旦抜き取ってから接続し直すよう伝えました。

 しばらく経って「RGBケーブルを接続し直したけれど同じです」という 電話がありました。「原因はRGBケーブルの接続しかないのですから、再 度、確実に接続し直すように」と伝えました。

 翌日、こちらから電話を掛けてみましたが、相変わらずディスプレイには 何も表示されず、真っ黒のままだそうです。22日も同じだということなの で、本体を送って貰うことにしました。

 昨日の朝、本体が届きました。ディスプレイを繋ぎ電源ボタンを押すと正 常に起動しました。当然ですがディスプレイも正常に表示されます。夕方ま で動作検証を繰り返しましたが、正常なので送り返しました。

 今朝「ディスプレイが正常に表示されました」という電話がありました。 以前と全く変わっていないのですから、RGBケーブルの接続が悪かったと いうことになります。

 一昨日のマガジンにもケーブル接続の重要性を書きましたが、ケーブルを 確りと接続し直すように言っても、なかなか実行してくれないのです。パソ コンのトラブルが発生したら、先ずケーブルの確認をすることが必要です。

【カタカナ語英語の語尾の長音符】

 パソコン用語には「カタカナ語英語」が多く使われていますが、文字とし て書く場合には「コンピュータ」のように語尾の長音符を省くケースが多い ようです。

 英語の発音に近い表記をするなら長音符を付けるのが正しいのですが、工 学系・技術系の表記法には、以前から語尾の長音符を略すという慣習があり、 これが日本工業規格(JIS)用語の基になったそうです。

 日本新聞協会では、「コンピューター」のみを記事の統一表記とし、「コ ンピュータ」とはしないことに決めています。私が愛用している「日経パソ コン用語辞典」も「コンピューター」と長音符を付けて表記されています。

 私は語尾の長音符を付けるべきだと思っていますが、このマガジンのバッ クナンバーを見ると、長音符を付けたり付けなかったりしています。これか らは「長音符を付ける」に統一しようと考えています。

【テキストエディターの置換】

 メモ帳、ワードパッド、ワードなどには「置換」という機能があります。 例えば、文中に「パソコン」と「コンピューター」の単語が多数あり、「パ ソコン」を「コンピューター」に統一する場合などに使います。

 「編集」→「置換」とクリック、→「検索する文字列」欄に「パソコン」、 「置換後の文字列」欄に「コンピューター」と入力、→「すべて置換」ボタ ンをクリックすればOKです。

 ところが「コンピュータ」と「コンピューター」があり、「コンピュータ」 を「コンピューター」に統一する場合は困ります。「コンピュータ」は「コ ンピューター」に変わりますが、「コンピューター」は「コンピューターー」 になってしまい、再度「コンピューターー」を「コンピューター」に置換え なければなりません。

【ワードの表記ゆれチェック】

 「ワード」には「表記ゆれチェック」という機能があります。ワード文書 の中に「コンピュータ」と「コンピューター」のように表記が異なる単語を すべてチェックして修正できます。

  1. ワードファイルを開き、→「ツール」→「表記ゆれチェック」とクリック します。

  2. 「対象となる表記の一覧」から赤色文字の「コンピュータ」または「コン ピューター」を選択、→「修正候補」の中から「コンピューター」を選択、→ 「すべて修正」ボタンをクリックします。

  3. 「対象となる表記の一覧」に「モニタ」と「モニター」などの他の赤色文 字があれば同じようにして修正します。

  4. 修正が終わったら、→「閉じる」→「OK」とボタンをクリックします。