68歳パソコン教師の日記 NO.1958 (2006.03.27)


 パソコン初心者の方は「コマンドプロンプト」を使うことが少ないですが、 使い方を覚えておくと重宝します。「スタート」→「すべてのプログラム」 →「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とクリックすると起動します。

 または「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名 前」欄に「cmd」と入力、→「OK」ボタンをクリックすると起動します。

 黒い画面に白い文字で「C:\Documents and Settings\User Name>」と表示 されており、その右にアンダースコアー(_) が点滅しています。ここにキー ボードからコマンドを入力、 →「Enter」キーを押すとコマンドが実行され ます。「コマンドプロンプト」を終了するには「exit」とコマンドを入力、 →「Enter」キーを押します。

 カレントディレクトリを「D:\SALTY」に移動するには、「D:」と入力して 「Enter」キーを押してDドライブに移動、 →「CD SALTY」と入力して 「Enter」キーを押して「SALTY」ディレクトリに移動します。

 「コマンドプロンプト」を起動すると、最初から 「D:\SALTY>」となって いれば便利ですね。 エクスプローラで「SALTY」フォルダを右クリック、→ 「コマンドプロンプト」をクリックすると、 →「D:\SALTY>」となって「コ マンドプロンプト」が起動するようにしてみましょう。

  1. 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」とクリック、→「名前」欄 に「regedit」と入力、→「OK」ボタンをクリックします。 →(「レジスト リエディタ」が起動します。)

  2. 左欄で 「HKEY_CLASSES_ROOT」→「Directory」→「shell」とダブルクリッ クでキーを開いていきます。

  3. 「shell」キーを右クリック、→「新規」→「キー」とクリック、 →作成 されたキーの名前を「cmd」にします。

  4. 「cmd」キーを開いた状態で、 右欄の「(既定)」をダブルクリックで開き、 →「値のデータ」欄に「コマンドプロンプト(&P)」と入力、 →「OK」ボタ ンをクリックします。

  5. 左欄で「cmd」キーを右クリック、→「新規」→「キー」とクリック、→作 成されたキーの名前を「command」にします。

  6. 「command」キーを開いた状態で、 右欄の「(既定)」をダブルクリックで開 き、→「値のデータ」欄に「cmd.exe /k "cd %L"」と入力、→「OK」ボタンを クリックします。
 以上でディレクトリ(フォルダ)を右クリックした場合の設定が完了です。次 は、ドライブを右クリックした場合の設定をします。

  1. 左欄で 「HKEY_CLASSES_ROOT」→「Drive」→「shell」とダブルクリックで キーを開いていきます。

  2. 「3.〜6.」を実行します。

  3. 右上の「閉じる」ボタンをクリックして「レジストリエディタ」を終了、→再 起動します。