68歳パソコン教師の日記 NO.1962(2006.4.1)


 今日から四月です。四月になると何となく気持ちが華やいできますね。今 日の神奈川は暖かく穏やかです。京都オフ会まで一ヵ月半を切りました。現 在の参加申込者は43人です。

 首都圏から7人が参加しますから、往復の新幹線はご一緒したいですね。 SALTYトップページから「京都オフ会特設ページ」へジャンプできます。 まだ参加申込みをしていない人はお早くどうぞ!


【回復コンソールをインストールできない場合】

 「PC質問箱」に、「1959」で書いた「回復コンソールのインストールが 出来ない」という投稿がありました。バックナンバーの「1615」に書いてあ りますが「Windows XP SP2」にアップデートした環境で、「Windows XP SP1」 以前のCD−ROMからインストールはできません。

 その場合は「Windows XP SP2」適用済セットアップCDを作成し、そのC Dからインストールします。この作成方法もバックナンバーの「1615」に書 いてありますのでお読みください。

 と回答したのですが、質問者から「1615に書いてあるとおりにやってみた けれど駄目だったので諦めます」という投稿がありました。「1615」に書い てあるとおり実行すれば「Windows XP SP2」適用済セットアップCDを作成 できるのですが、どこかで操作を間違ったのでしょう。

 回復コンソールをインストールするだけなら、CDを作成しなくても可能 です。「ファイル名を指定して実行」で入力間違いをしないように、バッチ ファイルを作成して実行しましょう。

  1. メモ帳を起動、→下記の3行を入力、→デスクトップに「sp2setup.bat」 というファイル名で保存します。 各行末では「Enter」キーを押して改行 をします。 「Q」はCD−ROMドライブ名ですので、異なる場合は変更 してください。

XCOPY Q:\ C:\SP2\ /e
C:\windowsxp-kb835935-sp2-jpn.exe /integrate:C:\SP2\
C:\SP2\I386\WINNT32.exe /cmdcons

 1行目でセットアップCDの中身をすべて「C:\SP2」フォルダ内にコピー、  2行目で「windowsxp-kb835935-sp2-jpn.exe」との統合作業を実行、  3行目で統合されたファイルから「回復コンソール」をインストールです。

 ※ 「SP2」フォルダはバッチファイルを実行すると自動生成されるので、    作成しておく必要はありません。

  1. 下記サイトから「windowsxp-kb835935-sp2-jpn.exe」ファイルを、Cドラ イブのルートディレクトリ(最上階層)にダウンロードします。下記のU RLは1行に直してからブラウザの「アドレス」欄に貼り付けます。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&familyid=049c9dbe-3b8-4f30-8245-9e368d3cdb5a

  1. CD−ROMドライブに「Windows XP」のセットアップCDをセットしま す。

  2. 「1.」でデスクトップに保存したバッチファイル「sp2setup.bat」をダブ ルクリックします。「コマンドプロンプト」が起動して「1.」で入力した 3行が順番に実行されます。途中で確認ダイアログが3回表示されますか ら、「OK」→「OK」→「はい」とボタンをクリックします。

    2番目に表示される確認ダイアログは「セットアップを続行できません。」 ですが、構わず「OK」ボタンをクリックします。