68歳パソコン教師の日記 NO.1989 (2006.05.01)


 今日から風薫る五月ですが、関東では30度に達する真夏のような暑さに なりました。私は暑いのは大好きです。暑くてもクーラーは使わず、家中の 窓を開け放って冷えたビールを飲んでいます。

 京都オフ会まで二週間を切りましたね。このオフ会の幹事は、京都と神奈 川の二組のご夫妻です。何ヶ月も前から準備を進め、無事終了するまでの気 苦労は大変なものだと思いますが、よろしくお願いいたします。

 そろそろ新幹線の切符を買ったり、オフ会で交換する名刺を作ろうと思い ます。参加者はそれぞれ趣向を凝らして作成し、会場で全員と交換します。 頂いた名刺は大切な思い出となります。参加者の皆さん、オフ会用名刺を忘 れずにご持参ください。

【パケットライトフォーマット】

 最近のメーカー製パソコンには、フロッピードライブが搭載されていない 機種があります。ドライバなどはフロッピーディスクに入っていることがあ りますから、フロッピードライブがないのは不便ですね。

 ファイルの保存なら「CD-R/RW」や「DVD±R/RW」メディアが容量が大きく て便利です。でも、ライティングソフトを起動して書き込むのは手間が掛か りますから面倒です。

 これらのメディアを「パケットライト」でフォーマットすると、フロッピ ーディスクと同じように、エクスプローラでファイルをドラッグ&ドロップ して書き込みや削除ができます。しかも、フロッピーより圧倒的に高速です。

 「R」は書き換えができませんから、フロッピーディスクと同じように使 うには「RW」メディアが必要です。「DVD±RW」なら「4.7GB」の大容量です からフロッピーディスクの3千倍以上です。「Windows 98」時代のハードデ ィスクに匹敵する容量です。しかもメディアの価格は1枚「\300」ほどです。

 「DVD-RW」はフォーマットの時間が「DVD+RW」に比べてかなり長くかかり ますから、ベストは「DVD+RW」メディアということになります。どちらのメ ディアもフォーマットしたのと同じ「パケットライトソフト」がインストー ルしていない他のパソコンでは使えないケースがあるようです。

 「CD-RW」ドライブや「DVD±RW」ドライブには「ライティングソフト」と 「パケットライトソフト」が付属しているのが普通です。これらのソフトを インストールした場合は「Windows XP」に付属のライティング機能を下記の 手順で無効にしておきます。

 エクスプローラでドライブを右クリック、→「プロパティ」をクリック、 →「書き込み」タブを開き、→「このドライブで CD 書き込みを有効にする」 のチェックを外し、→「OK」ボタンをクリックします。