68歳パソコン教師の日記 NO.1995(2006.5.7)


 大型連休最終日の今日の神奈川は午後から雨が降り出しました。車でUタ ーン途中の人は気を付けて欲しいですね。今夜は早く休んで明日からのお仕 事に備えてください。

 来週の日曜日、7日後にはヘミングメイト京都オフ会です。そろそろ、オ フ会用の名刺を作り、新幹線の切符を買いに行かなければなりません。参加 申し込みの最終締め切りは10日です。まだ間に合いますよ。

 このマガジンは1999年の暮れに創刊しました。「Windows 98SE」が発 売された頃です。当時のバックナンバーを読んでも、現在の「Windows XP」 とは大きく異なります。マガジンの発行時期を考えてお読みください。

●歴代Windows日本語版発売時期

 Windows NT   1994/01
 Windows 95   1995/11
 Windows 98   1998/07
 Windows 98SE  1999/09
 Windows 2000  2000/02
 Windows Me   2000/09
 Windows XP   2001/11
 Windows Vista  2007/01(予定)

 ヘミングパソコンユーザーの方から「メーカー製の一体型パソコンの修理 はできませんか?」というお電話がありました。デスクトップ型ならOKな のですが、一体型に使われているパーツにはメーカー独自のものが多いので す。それらのパーツは外部では入手できませんから、メーカーでなければ修 理できません。

 メーカー製パソコンは、一体型、省スペース型が多いのですが、設置スペ ースはタワー型と比べて大差ありません。しかし、構造上から性能や拡張性 は低く、価格は割高です。省スペース型はまだしも、一体型は避けるべきで しょう。

 ノートパソコンは、営業などで外出した先で使用しなければならない人に とっては必需品ですが、ほとんどの人はファッションでノート型を買ってい るようです。持ち運べるという利点がありますが、家庭で使っている人は数 年間も机の上に置いたままというケースが多いようです。タワー型に比べて 3割〜5割も高いのに勿体ないです。

 最近のパソコンには、DVDでビデオ鑑賞、TVの視聴など色々な機能が ありますが、ノートパソコンも同じです。外付けドライブ・ハードディスク ・スピーカー、TVのアンテナケーブルなど、ノートパソコンでも移動は簡 単ではありません。

 ノートパソコンのすべてのパーツはデスクトップ用に比べて割高です。メ ーカー独自のパーツを使っている場合もあります。修理や増設も割高です。 メーカー製パソコンすべてに共通ですが、修理には長い日数がかかります。 さらに、最大の欠点は使い難さです。

 タワー型の利点は、パーツの汎用性・拡張性・性能が高いということでし ょう。私のパソコンはすべてタワー型で、ケースの側板を外して使っていま すから、通風が良いし気軽にパーツの交換や増設が可能です。

 ノートパソコンは1ルーム、一体型は1K、省スペース型は1DK、ミニ タワー型は2DK、ミドルタワー型は3LDKか一戸建てといったところで しょう。

 一戸建ての家具は1ルームには入りません。贅沢な家具は処分して、必要 な家具は小型のものに買い換えてもぎゅうぎゅう詰めですから、風が通る隙 間もありません。しかも、一戸建てより高いのです。そんな家に住みたくは ないですね。