68歳パソコン教師の日記 NO.2007 (2006.05.21)


 昨日の神奈川は30度を超える暑さで強風が吹き荒れ、夕方からは強い雨 が降るという変化に富んだ一日でしたが、今日は爽やかで穏やかな日曜日で す。風薫る五月、いい季節ですね。

 先日のマガジンに書いた、世界一辛い唐辛子は4個の植木鉢に植え替えま した。背丈はまだ1センチほどですが、葉が4枚出ています。朝には東南側 のベランダに出し、昼を過ぎると北西側の窓際に移すのが日課になっていま す。辛いカレーライスの素を作るのも楽ではありません。


【ThinkFree Office 3】

 「マイクロソフト」の「Office 2003 Personal」の市販価格は「\45,780」 もします。個人で使うには高過ぎますね。「ThinkFree Office 3」という安 価なソフトをご存知ですか?

 このオフィスソフトには「Office 2003」と互換性がある表計算「Calc」、 ワープロ「Write」、プレゼンテーション「Show」 がパッケージされていま す。「Office 2003 Personal」には含まれていないプレゼンテーションも入 っていて「\4,980」です。なんと9分の1以下の価格です。

 このソフトは下記サイトからダウンロードできます。「30日間無料トラ イアル版」もあります。高いお金を出して「マイクロソフト」の「オフィス」 を買う必要はありませんね。

http://www.fenix.co.jp/

   私は「30日間無料トライアル版」をダウンロードして、→インストール してみました。僅か「70.8MB」ですから2分でダウンロード、→インストー ルは3分ほどでした。インストール後のサイズは「119MB」です。

 ワープロソフトの「Show」を起動してみました。あっと言う間です。軽い ですね。マイクロソフトの「Word」とは比べものになりません。画面も操作 も「Word」とほとんど同じですから違和感はまったくありません。これは普 及して欲しいですね。

 オフィスソフトには「1976」でご紹介した「OpenOffice.org2.0.2 日本語 版」もあります。こちらは「Office 2003 Professional(\59,800)」と同等 の機能があり、しかも無料です。

 「マイクロソフト」の「オフィス」は世界のオフィスソフトのシェアのほ とんどを占めています。オフィスソフトの開発にかかる費用はどのメーカー も同じようなものだと思います。

 原価が同じなら販売数が多いほど安く提供できます。100倍売れるなら、 100分の1の価格で採算がとれます。「Office 2003 Personal」の価格を 「ThinkFree Office 3」の100分の1にしろとまでは言いませんが、せめ て「ThinkFree Office 3」と同じような価格で売って欲しいものです。




●昨日のマガジンでお知らせした「ヘミングパソコンマイクロタワー型1台  限定提供」は、最初にお申込み頂いた方に決定して終了いたしました。今  回お買いになれなかった方は次の機会にご期待ください。