68歳パソコン教師の日記 NO.2015 (2006.06.01)


 今日から6月、沖縄と九州は梅雨入りしていますが、関東は間もなく梅雨 入りです。私にとっては嫌いな梅雨ですが、暫く辛抱すれば大好きな真夏が やってきます。「梅雨来たりなば、夏遠からじ」です。

 昨日のマガジンでお願いした、お誕生日の「JS」ファイル作成ボランティ アのお申し出が早速あり、「No.103はやしさん」にお願いすることにいたし ました。はやしさん、よろしくお願いいたします。

 やはり、ヘミングメイトのメンバーは素晴らしいですね。現在、ヘミング メイト、メルマガ、ホームページにご協力くださっている人は8名です。世 の中のために役立ちたいと、お忙しい時間を割いてくださっています。有難 いことです。

 改正道交法が今日から施行されました。駐車違反取り締まりがメインです。 取締り業務の一部は民間業者に委託されます。眼に余る違法駐車には厳しく 対処して欲しいものです。

 運送業者などが集荷や配達をする場合も、運転者が車から離れたら違法に なるのです。すべての車を一律に取り締まるのはおかしいです。運送業者が 拠点の駐車スペースを確保するなると、それが運送料に跳ね返ってくるのが 心配です。

 そもそも、駐車場が足りないから違法駐車をするのだという意見もありま すが、目の前に駐車場があっても、駐車料金を惜しんで違法駐車をする輩が 多いのです。これらは、改正前の道交法でも取り締まることは可能だったの ですが、警察ではやっていなかったのです。

 商店街の買い物客、夜間の歓楽街の客や店の車を取り締まるだけでもかな り良くなるでしょう。当面は、荷物の積み下ろしは取締りから除外するべき でしょう。

 気になるのは、業務を委託された民間業者の従業員の70%が元警察官だ そうです。高齢者の再就職口がない現在、退職警察官の職場を生み出すため の道交法改正ではないのかと勘ぐりたくなります。

【マイクロソフトワードのドロップキャップ】

 「マイクロソフト ワード」の「ドロップキャップ」の設定方法をご説明 します。「ドロップキャップ」とは、段落の最初の1文字を目立つように大 きく表示させることです。背景色を付けることも可能です。ただし、字下げ をしている場合は使えません。

  1. 「ドロップキャップ」を設定したい段落にカーソルを置き、→メニュー バーの「書式」→「ドロップキャップ」とクリックします。→(「ドロップ キャップ」ダイアログが表示されます。)

  2. 「位置」欄の「本文内に表示」を選択、→「ドロップする行数」欄で何 行の大きさにするか指定、→「OK」ボタンをクリックします。→(最初の 1文字が大きく表示されます。)

  3. 最初の1文字にレイアウト枠が付いていることを確認、→メニューバーの 「罫線」→「線種とページ罫線と網かけの設定」とクリックします。

  4. 「網かけ」タブを開き、→「背景の色」を選択、→「設定対象」が「レイ アウト枠」になっていることを確認、→「OK」ボタンをクリックします。

  5. 文字色を指定する場合は、ドラッグして選択、→ツールバーの「フォント の色(A)」のドロップダウンリストから選択します。

【パソコンを快適に使用するには】

 私の友人が経営する会社のパソコンのほとんどがヘミングパソコンです。 度々、起動しなくなったと言って修理に持ち込まれますが、すべてハードの 故障ではなく、使用方法が間違っていたのが原因で、システムファイルが破 損したものです。そこで、社員の人たちのために「パソコンを快適に使用す るには」という数箇条を書きましたので、それを貼り付けます。

  1. インターネットに接続しているパソコンには必ずセキュリティソフトを インストールすること。

  2. ソフトのインストールはCドライブ以外にはしないこと。

  3. オンラインソフトの中には信頼できないソフトがあるので、やたらにイ ンストールをしないこと。

  4. ソフトをインストールした後は注意をして、異常が発生した場合は即時 アンインストールをするか、Cドライブを「システムの復元」でインストー ル前の復元ポイントに戻すこと。

  5. デフラグを随時実行すること。(1週間に1回、長くても1月に1回。 ウインドウズに付属の「ディスクデフラグ」では完璧なデフラグはできない ので「Diskeeper」などのソフトを使用すること。)

  6. 「Acronis True Image」などのソフトで、Cドライブのバックアップを 随時実行すること。(ソフトのインストール前後、設定の前後。不要になっ た古いバックアップファイルは削除可)

  7. 「Windows Update」を「自動実行」に設定しておくこと。(パソコン終 了時にアップデートされます。)

  8. 「My Documents」と「Outlook Express」フォルダは、 Cドライブ以外に変 更しておくこと。

  9. 重要なファイルを保存したフォルダを他のドライブにバックアップして おくこと。

    「D:\My Documents」フォルダを「E:\My Documents」フォルダにバックアップ するには次のようにします。さらに、CDやDVDメディアに書き込んでお くと良いでしょう。

    デスクトップの何もない個所を右クリック、→「新規作成」→「ショートカッ ト」とクリック、→「項目の場所を入力してください」の入力欄に 「XCOPY D:\My Documents E:\My Documents /e /d /h /r /y」と入力、→ 「xcopy.exe」を削除して「Backup_My Documents」と入力、→「完了」ボタン をクリックします。

    生成されたアイコンをクリックすると、一瞬で新規作成さたファイルが保存さ れ、変更があったファイルが上書き保存されます。