62歳パソコン教師の日記 NO.209 (2000.7.26)


パソコンを始めた当初は、切り取り、コピー、貼り付け、などは、ファイルを選択して、メニューバーの [編集] から行った人が多いでしょうね。

これらは、ファイルを選択して右クリック、→表示されるメニューをクリックした方が速いのです。このように、Windows では同じことをするのに幾通りもの方法があります。これが、かえって紛らわしいのです。最初から一番速い方法で覚えた方が良いと思います。

エクスプローラでフォルダやファイルの移動やコピーをする場合は、反対に手間がかかりますが、右ボタンのドラッグ&ドロップで、メニューから移動かコピーを選択した方が間違いがありません。

更に操作を速く行うには、キーボードでショートカットキーを使います。キーボードから入力している時に、マウスに持ち替えてクリックするのは面倒です。マウスのクリックでできることは全てキーボードから行うことが可能です。昔のパソコンにはマウスはなかったのですから当然ですね。

パソコンのプロはマウスを使わずに、キーボードから全ての操作を行っています。以下のショートカットキーをプリントして目に付くところに貼り付けておき、ひとつずつ覚えていきましょう。

Windows 全般で使うショートカットキー
F1ダイアログボックスの中で選んだ項目のヘルプを表示
Alt + F4プログラムの終了
Shift + F10選択した項目のショートカットメニューを表示
Ctrl + Esc[スタート] メニューの表示
Alt + Tab直前に使っていたウィンドウに切り替える。Alt キーを押しながら繰り返し Tab キーを押すと、ウィンドウや実行中のアプリケーションを次々と切り替えることができる
Ctrl + X切り取り
Ctrl + Cコピー
Ctrl + V貼り付け
Ctrl + Z元に戻す
Ctrl + S上書き保存
Delete 削除
Shift + CDを挿入CDの挿入時にオートスタートさせない
デスクトップ、マイコンピュータ、エクスプローラで使うキー
(項目を選んだ状態で、以下のショートカットキーが使用できます)
F2名前の変更
F3フォルダやファイルの検索
Shift + Del項目をゴミ箱に入れずに直ちに削除
Alt + Enterプロパティの表示
Alt + ダブルクリックプロパティの表示
Ctrl + ファイルをドラッグファイルのコピー
Ctrl + Shift + ファイルをドラッグショートカットの作成
マイコンピュータ、エクスプローラで使うキー
Ctrl + Aすべて選択
F5最新の情報に更新
BackSpace 1つ上の階層のフォルダを表示
Shift + 閉じるボタンをクリック選択したフォルダとそのフォルダのすべての親フォルダを閉じる
エクスプローラだけで使うキー
Ctrl + G移動
F6ウィンドウの左右やツールバーのボックスの切り替え
NumLock + * (アスタリスク)選択したフォルダを展開して表示
NumLock + + (プラス記号)選択したフォルダを縮小して表示
選択したフォルダが縮小されている場合は、展開して表示。縮小されていない場合は、先頭のサブフォルダを選ぶ
選択したフォルダが展開されている場合は、縮小して表示。展開されていない場合は、親フォルダを選ぶ
プロパティダイアログボックスで使うキー
Tab次のオプションへ移動
Shift + Tab前のオプションへ移動
Ctrl + Tab次のタブへ移動
Ctrl + Shift + Tab前のタブへ移動
ファイルを開く、名前を付けて保存ダイアログボックスで使うキー
F4保存する場所ボックスまたはファイルの場所ボックスの一覧を表示
F5最新の情報に更新
BackSpaceフォルダが選ばれている場合は、1つ上の階層のフォルダを開く
日本語入力で他の文字種へ変換する
F6全角ひらかな
F7全角カタカナ
F8半角カナカナ
F9全角英字
F10半角英字


以上の他にも、ご自分でショートカットキーを設定することができます。

**********************************

※200号達成CDプレゼントは、お申し込みくださった方全員へ発送を終えました。暴走族のために眠ることができず、起き出して徹夜でCD−Rに焼き、昼前には発送することができました。明日か明後日には届くと思います。

※今日から私のメールアドレスが変りました。

heming@dream.com