62歳パソコン教師の日記 NO.271 (2000.10.5)


  昨日はマガジンの配信ができませんでしたが、酔って寝てしまったわけではありません。日中はPCの出張指導、帰宅してから依頼された契約書20数通の作成を始め、とうとう徹夜になってしまいました。ずる休みではありませんのでご容赦ください。

【圧縮フォルダ】

  「Windows Me」が発売されてから10日以上が経ちましたが、アップグレードされた方はかなりいらっしゃるでしょうね。「Windows Me」には「圧縮フォルダ」という、ZIP 形式に圧縮する新しい機能があります。普通の圧縮ソフトと比べ、操作がとても簡単です。

  圧縮形式は、外国では ZIP 形式が主流ですが、日本では LZH 形式が主流でした。Windows Me に ZIP 形式の圧縮フォルダが標準搭載されたことで、日本でも ZIP 形式が多く使われるようになるでしょう。

  ただし、「圧縮フォルダ」は標準ではインストールされないので「アプリケーションの追加と削除」からインストールします。

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」とクリック、→「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。

  2. 「Windows ファイル」タブを開き、→「システムツール」を選択、→「詳細」ボタンをクリック、→「圧縮フォルダ」にチェックを付けて「OK」→「OK」→「はい」とクリックして再起動します。これでインストールは完了です。

  3. 圧縮したいファイルを右クリック、→「送る」→「圧縮フォルダ」とクリックすると、同じフォルダに「圧縮フォルダ」が作成されます。

    「圧縮フォルダ」のアイコンは、普通のフォルダアイコンにZIP(ジッパー)が付いています。面白い洒落ですね。

  4. 作成された「圧縮フォルダ」に他のファイルをドラッグ&ドロップすると、そのファイルも圧縮されます。

  5. 圧縮されたファイルを開く場合は、「圧縮フォルダ」をダブルクリック、→中にあるファイルをダブルクリックします。

  6. 解凍する場合は、ファイルを「圧縮フォルダ」の外へドラッグ&ドロップします。

  7. 空の「圧縮フォルダ」を作るには、フォルダ内やデスクトップの何もないところで右クリック、→「新規作成」→「圧縮フォルダ」とクリックします。

    このフォルダにファイルをドラッグ&ドロップすれば圧縮されます。

  8. メールに添付する場合は「圧縮フォルダ」ごと添付します。

  9. 「圧縮フォルダ」をインストールすると、ZIP 形式のファイルは「圧縮フォルダ」になります。

    メールに添付された ZIP 形式ファイルも「圧縮フォルダ」となっていますから同じように扱えます。
  忙しい忙しいと愚痴を書いたため、読者の方からのメールが減ってしまい淋しい思いをしています。溜まっていたメールの返信も完了しましたので、どうぞ、メールを送信してください。