62歳パソコン教師の日記 NO.276 (2000.10.10)


  パソコンで音楽CDを聴く時に、その都度CDをセットするのは面倒ですね。音楽CDからハードディスクに保存しておけば、このような手間は不要です。ファイルをクリックするだけで聴くことができます。

  しかし、WAVE形式で保存したら、音楽CD1枚が650MBですから、大容量のハードディスクも直ぐに一杯になってしまいます。音楽CD10枚を保存したら6.5GBです。

  MP3形式で保存すればWAVE形式の約11分の1ですから、音楽CD10枚を保存しても700MBほどで済みます。音楽CD1枚に3分の曲が20曲入っているとすると220曲も保存できます。

  WAVEをMP3に変換すると、なぜサイズが小さくなるのでしょうか。WAVEでは人間には聞こえない部分が大半です。これを削除して、さらに圧縮されるからなのです。

  音楽CDをMP3に変換して保存するにはソフトが必要ですが、フリーウェアーのオンラインソフトがあります。

  http://www.cdex.n3.net/ からダウンロードできます。cdex120.zip (789KB)

  音楽ファイルの変換については、このマガジンで度々取り上げていますが、音楽のないパソコンはクリープのないコーヒーのようなものです。この喩は古過ぎますね。

  深夜、独りで黙々とパソコンに取り組んでいる、なんていうのは侘しいですね。パソコンは好きなBGMを聴きながら楽しくやりましょう。

  Media Player Ver7 なら、アルバムに入れておけば連続再生ができます。音楽のある暮らし、音楽のあるパソコンライフ、いいですね。


  メールでお知らせ頂いた人だけで、SALTYの「ホームページ講座」で勉強して、タグ入力でご自分のホームページを開設した人が2年間で100人を超えました。ソフトに頼る安易な人が多い中、これはとても嬉しいことです。

  「サンプル集」に載っているスクリプトを使わせて欲しいというメールが沢山届きますが、ご自由に使って結構です。わざわざ了解を得ることは不要ですが、お知らせ頂ければ見に行きたいと思っています。

  「ホームページ講座」と「サンプル集」で勉強してホームページを開設している皆さん、相互リンクしませんか! 是非、ご連絡ください。