62歳パソコン教師の日記 NO.284 (2000.10.18)


  今日は読者の「Yumikoさん」から「クリップボードとは何ですか?」というご質問を頂きました。以前にもこのマガジンで何度も書いていますが、今日はそれらを纏めて詳しく書きましょう。

  ファイルやフォルダをパソコン内に保存する場合、ハードディスクのドライブやフォルダを指定して保存しますね。では、文書を作成中に文字をコピーや切り取りをして他の箇所に貼り付けることがありますが、このコピーした文字はどこに保存されるのでしょうか。「保存する場所」の指定はしていませんね。これは「メモリ」に保存されるのです。

  この機能を「クリップボード」といいます。「メモリ」に保存されたデータは他の箇所に貼り付けてもメモリに残っています。「ウィンドウズ」を終了したり、新たにコピーや切り取りをするまで保存されているのです。

  「Print Screen」キーを押して表示されている画面を保存したり、大きな画像などをコピーした場合はメモリを大量に消費しています。そのままではパソコンのパフォーマンスが低下して動きが遅くなったり、フリーズしたりなど色々なトラブルが起きやすくなります。

  大きなサイズのデータをコピーや切り取りをして貼り付けが終わったら、「クリップボード」から削除するようにしましょう。


【クリップボードに保存されたデータを削除する】

「Windows 95/98」の場合

  デスクトップの「ごみ箱」アイコンを右クリック、→「貼り付け」をクリックします。これだけでクリップボードのデータがクリアされます。

  「windows Me」の場合は「ごみ箱」アイコンを右クリックしても、表示されるメニューには「貼り付け」の項目がありません。「クリップボードビューア」をインストールしましょう。

【クリックボードビューアのインストール】(Windows 95/98/Me 共通)

  1. 「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」とクリック、「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリック、→「Windows ファイル」タブを開きます。

  2. 「ファイルの種類」欄の「システムツール」を選択して、→「詳細」ボタンをクリックします。

    「Windows 95」の場合は「アクセサリ」を選択して、→「詳細」ボタンをクリックします。

  3. 「クリップボードビューア」にチェックを付け、→「OK」ボタンをクリック、→「Windows ファイル」タブに戻り、→「適用」ボタンをクリックします。

    ここで、Windows の CD-ROM を要求される場合があります。その場合は CD-ROM をセットして、→「OK」ボタンをクリックします。

  4. 「OK」ボタンをクリックして完了です。

【クリックボードビューアの起動と保存されたデータの削除】

  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「クリップボードビューア」とクリックします。

    Windows95 の場合は [アクセサリ] →「クリップボードビューア」とクリックします。

  2. 「クリップボードビューア」が起動すると、保存されているデータが表示されます。

  3. メニューバーの「編集」→「削除」とクリック、→「クリップボードの内容を削除してもよろしいですか?」と表示されたら、→「はい」をクリックします。

【クリックボードビューアのショートカット作成】

  上記の方法で「クリップボードビューア」を起動するのは面倒です。デスクトップにショートカットを作っておくと便利ですよ。

  1. 「スタート」ボタンを右クリック、→「エクスプローラ」をクリックして「エクスプローラ」を起動します。

  2. 「Windows」フォルダの中にある「Clipbrd.exe」を右ボタンで「デスクトップ」へドラッグ&ドロップします。

  3. 表示されるメニューの「ショートカットをここに作成」をクリックします。

  4. 作成されたショートカットを右クリック、→表示されるメニューの「名前の変更」をクリックします。

  5. 不要な文字を削除、→「Enter」キーを押して変更した名前に確定します。

    「Windows Me」の場合は「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」と進み、→「クリップボードビューア」を「デスクトップ」にドラッグ&ドロップするだけでOKです。