62歳パソコン教師の日記 NO.305 (2000.11.9)


  「名古屋オフ会」が三日後になりました。「アナログおじさん」のご尽力で参加者は27名になりました。楽しい賑やかな集いになることでしょうね。

  私は明後日の朝から名古屋へ向かいますが、明日は夜までパソコン講習会のため、今日の内に留守の間の用事を片付けてしまわなくてはなりません。ところが、明日の講習会の準備もまだ終わっていないのです。

  気は焦っているのですが、いつものように夕方から酒を飲み始めているものですから能率が上がりません。名古屋へ行っている間の二日分のマガジンを書いておこうと考えていたのですが、この調子ではお休みにさせて貰うようになることでしょう。読者のみなさん御免なさい。

  私の会社の決算は9月ですから、今月末には確定申告をしなければなりません。ところが、1年間全く記帳もしていないのです。儲かっているのなら毎日の記帳も楽しいのですがね〜。パソコンを使い始めてからは土壇場の1週間を徹夜して間に合わせてきましたが、今年はどうなることでしょうか。

  出来ることなら会社をやめて、パソコンだけをやっていたいと思いますが、そうもいかないのが辛いところです。まだまだパソコンだけで生活していくまでには至っていないのです。

  こうしてパソコンをやっていられるのも本業があるからなのでしょう。でも、あまり商売は好きではないのです。商売が下手だから好きになれないのでしょうね。

  昨日のマガジンでは選択した部分だけを印刷する方法を書きましたが、今日は「MS Word」で表示した複数ページを1枚の紙に印刷する方法です。

  データを印刷をする場合、そのままのサイズで印刷をしては紙とインク、時間も勿体ないですね。 「MS Word」では1枚の紙に16枚分までを縮小して印刷する機能があります。

  勿論、文字が小さくなりますが、10.5ptの文書2枚分を1枚に印刷するのなら読むのには充分の大きさです。用途によっては4枚〜8枚分でも役に立ちます。

  「印刷」ダイアログの「拡大/縮小」欄で「1ページあたりのページ数」を希望の枚数に指定するだけでOKです。

  私は数十ページものパソコン講習会用のテキストを作成した時などには、こうして印刷をして確認をしています。モニターでは1ページの一部分しか表示されませんし、印刷プレビュー画面では良くわかりませんから、校正をする時には便利ですよ。