62歳パソコン教師の日記 NO.311 (2000.11.17)


  最近のパソコンにはCD−RWが搭載されているものが多いですね。CD−RWは欲しい周辺機器のナンバーワンだそうです。

  データCDや音楽CDを作ったらラベルも格好の良いものにしたいですね。しかし、CDに直接印刷する印刷機は高価ですから、ラベル用紙に印刷をして貼り付けている人がほとんどでしょう。

  私も一昨年の春にCD−RWを買った時、直接印刷したいと思って印刷機を買いに行きましたが、なんと100万円近い価格に驚いて帰ってきました。業務用に使うのでなければとても買える値段ではありません。

  ところがエプソンから発売された「PM−900C」というプリンターはそれが可能なのです。 メーカー希望小売価格は \69,800 ですが、実売価格は \49,800 ほどです。 断然欲しくなりました。 No.306 で今一番欲しいのは「サムドライブ」と書きましたが「PM−900C」に変更です。

  ホワイトレーベルのCD−Rに直接印刷できれば素人が作ったCDには見えませんね。CDラベル用紙は光沢紙の場合、40枚で \2,000 ほどです。CD−Rメディアが1枚 \100 円ほどなのに、ラベル用紙が \50 ですから、この用紙代は馬鹿になりません。1,000 枚分でプリンターが買えてしまうのです。

  これまでに何種類かのCD−Rを作りプレゼントしてきました。「SALTYBGM集」「ヘミングのホームページ作成講座」「ヘミングのパソコン講座」「オフ会写真集」などです。創刊200号記念にCD−Rを100人の方にプレゼントしましたが、この時はラベル用紙をケチってラベルなしにしてしまいました。

  これからも「間取図作成講座」「不動産契約書集」などを予定しています。また、12月23日の創刊1周年にもCD−Rプレゼントをしようと考えています。こう考えると買うっきゃないということになります。

  「もう使っているよ」という方がいらっしゃいましたら、是非、ご感想をお聞かせくださいますようお願いします。購入の参考にしたいと思います。

  名古屋オフ会に参加された方々から沢山の写真を送って戴きました。時間がないためアップが遅れていますが、もう少々お待ちください。昨日、オフ会で戴いた名刺をスキャナーで読み込み、ペイントでひとつの画像に纏めてアップしました。オフ会用名刺作成の参考にしてください。