62歳パソコン教師の日記 NO.315 (2000.11.21)


  昨夜は珍しく早目にこのマガジンの配信予約をしておいたのですが、今朝起きて送受信をするとマガジンが届いていません。代わりに「まぐまぐ」から「配信エラーが発生したので再配信してください」というメールが届いていました。 

                    (11月22日)   今日は雨も上がり暖かい一日でした。今日から決算に取り掛かるつもりでしたが、1週間あれば間に合うという思いがあるものですから、今日は着手しませんでした。切羽詰らないとやる気が起きないのです。

  今日の朝刊に熱海の温泉旅館の広告が載っていました。一泊二食付き一人 \9,800 です。不景気のお蔭なのでしょうが安くなったものですね。この程度の金額なら数時間のオフ会の後にちょっと二次会よりも安いです。

  泊まりとなると時間の都合がつかない人もいるでしょうが、時間を気にせずに心いくまで歓談できますし、帰りの運転も安心です。一泊オフ会の選択肢のひとつとして考えても良いですね。

  「エクセル」や「ワード」にはパスワードの機能があります。「読み取りパスワード」を設定してして保存するとパスワードを入力しなければ開くことはできません。また「書き込みパスワード」を設定しておくと、開くことはできても上書きはできません。

  「属性」を「読み取り専用」に設定した場合も上書きはできませんが「プロパティ」から簡単に設定解除されてしまいますね。「書き込みパスワード」だけを設定しておくと、誰でも自由に開くことはできますが、書き換えはできません。

  「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」は個別でも両方でも設定できます。

  「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」は違うパスワードを設定した方が良いでしょう。ただし、呉れぐれもパスワードを忘れないように。

  【エクセルでパスワードの設定】

  エクセルで作成したデータにパスワードを設定して保存する方法です。

  1. 「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックします。

  2. 「ファイル名を付けて保存」ダイアログの「ツール」→「全般オプション」とクリックします。

  3. 「保存オプション」ダイアログの「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」に任意のパスワードを入力して、→「OK」ボタンをクリックします。
【ワードでパスワードの設定】

  1. 「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックします。

  2. 「ファイル名を付けて保存」ダイアログの「ツール」→「全般オプション」とクリックします。

  3. 「全般」タブの「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」に任意のパスワードを入力して、→「OK」ボタンをクリックします。
※「名古屋オフ会」で徳さんが撮った写真をアップしました。

※明日はホームページのアクセス数が8万になると思います。ヒットされた方はご連絡ください。