62歳パソコン教師の日記 NO.336 (2000.12.13)


 昨日のマガジンが3通も送信されたようです。早速「送信は1通だけにしてください」というメールが届きました。

 「まぐまぐ」では12月10日にシステムの変更が行われましたが、変更当初はいろいろなトラブルが起きているようです。11日は配信予約の途中で止まってしまい、何度やり直しても駄目で翌日配信になってしまいました。

 昨日は普通に配信予約は出来たのですが、同じものが3通も送信されたようです。というわけで、私が故意に3通も送信したわけではありませんのでご了解ください。

 このマガジンは私が原稿を作って「まぐまぐ」へ配信予約をします。それを受けて「まぐまぐ」から読者の方々へ送信されるのです。私にはメールを頂いた人以外はどなたが購読されているのか全く判らない仕組みとなっています。マガジンの送信者は「まぐまぐ」となっている筈です。

 「受信メール」を右クリック、→「プロパティ」をクリックすると、そのメールのプロパティが表示されます。「詳細」タブを開くといろいろなデータが表示されています。

 送信者が使っているプロバイダ、そのアクセスポイントを見ればどの地域か判ります。私が送信したメールの場合は次のように表示されます。

 Received: from g0c2w6 (cse4-2.atsugi.mbn.or.jp [210.144.134.72])

 これを見ればプロバイダは「MBN(ドリームネット)」、アクセスポイントは「厚木」ということが判ります。わざわざ市外のアクセスポイントに接続する人はいないでしょうから、送信者の住んでいる地域が判るのです。私の場合、住まいは「座間市」ですが、アクセスポイントが無いので同じ市外局番の「厚木市」のアクセスポイントを使っています。

 また、X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.50.4133.2400 のような表示もあります。これを見れば送信者が使っているメーラーとバージョンが「Outlook Express Ver.5.50」ということが判ります。古いバージョンを使っている人に「HTMLメール」を送信しても無駄ですから、ここを確認してからメールを作成しましょう。