62歳パソコン教師の日記 NO.339 (2000.12.16)


 ファイルを検索する場合は「スタート」→「検索」→「ファイルやフォルダ」とクリックして「検索」ダイアログを表示しますね。

 「探す場所」を指定するには「Windows95/98」では「参照」ボタンをクリック、→ツリー表示される「ドライブ」→「ルートディレクトリ(最上階層フォルダ)」→「フォルダ」とダブルクリックで開いていき、フォルダを特定することが出来ました。

 探すファイルが保存されているフォルダが判っている場合は、このように「探す場所」を絞り込んだ方が検索時間が短くなるのは当然ですね。

 「Windows Me」では「検索」ダイアログに「参照」ボタンがありません。▼ボタンをクリックして、→「ドロップダウンリスト」に表示されるドライブをダブルクリックしても下の階層フォルダが開かず、そのドライブが「探す場所」欄に入ってしまいます。

 これではドライブ単位でしか検索出来ないので時間の無駄です。どうしてこのように不便にしてしまったのだろうと思いながら3ヶ月も使っていましたが、今日になって「フォルダ」を特定出来ることに気が付きました。

 ▼ボタンをクリックして表示される「ドロップダウンリスト」の一番下に「参照」という文字がありました。ここをクリックすると「デスクトップ」とその下階層に「マイドキュメント」と「マイコンピュータ」が表示されました。

 「マイコンピュータ」をダブルクリックして「ドライブ」→「ルートディレクトリ」→「フォルダ」と開いていき、検索するフォルダを絞り込むことが出来るのです。

 「ドロップダウンリスト」の一番下に「参照」の小さな文字があるだけですから、私のように気が付かない人もいるでしょうね。

 探すファイルが保存されているフォルダが判っている場合は、「エクスプローラ」でそのフォルダを右クリック、→「検索」をクリックして、→「検索」ダイアログを表示すると、「探す場所」欄にそのフォルダが最初から表示されていますから、こちらの方が簡単ですね。