62歳パソコン教師の日記 NO.341 (2000.12.18)


 昨日はホームページの制作が遅れて依頼者から催促を受けてしまい、徹夜でやっと仕上げました。そのため、このマガジンは18日号ですが、19日の朝になって書いています。創刊1周年を目前に控えて休刊はしたくありません。

 数日前に買ってきたパソコン雑誌に、今月発売されたばかりの便利なソフトの広告が載っていましたのでご紹介します。(株)ソフトボード「楽転丸」標準価格 \9,800 というというソフトです。

 新しいパソコンを買った場合、これまで使っていたパソコンに保存されているデータの移動はまだしも、アプリケーションの再インストールは面倒ですね。

 インストールの際にシリアルナンバーやプロダクトIDなどが必要なアプリケーションの場合、それを探すのにも苦労していましたので、最近はそれぞれのCD−ROMケースに貼り付けています。

 ブラウザやメーラーの設定も面倒です。私の場合は管理を委託されているホームページも多いので、FTPの設定も一仕事です。

 「楽転丸」はこれまで使っていたパソコンと新しいパソコンのパラレルプリンタポート同士を付属のケーブルでを接続して、全ての情報を転送するのです。両方のパソコンに同じアプリケーションがある場合は自動的に新しいバージョンを選択します。

 同じOSの場合は勿論可能ですが、Windows 95 から Windows 98/Me へ、Windows 98 から Windows Me へ転送することが出来ます。但し、Windows NT や Windows 2000 には対応していません。

 私が現在使っているパソコンの全ての情報を新しいパソコンに移すには1週間はかかるでしょう。その労力を考えると \9,800 は安いと思います。これからパソコンの買い替えをする方は検討されてみては如何ですか。