62歳パソコン教師の日記 NO.342 (2000.12.19)


 昨日の配信が今朝になったので今日二度目の配信ですね。今日の神奈川は昨夜来の雨も上がり、穏やかな暖かい一日でした。皆さんの地方は如何でしたか? 

 今日は画像について書きましょう。

 「ペイント」で作成する「BMP形式」は圧縮をしていませんから最高の画質です。但し、サイズが非常に大きいのでホームページなどで使用することは無理でしょう。

 「BMP形式」画像を「GIF形式」で保存する場合、「ペイント」で保存すると中間色がかなり違った色になってしまいます。「PHOTO EDITOR」で保存した方が色の変化はあまりありません。これはソフトが変換する圧縮率の違いによるのでしょう。

 「PHOTO EDITOR」は「MS OFFICE」「MS WORD」などのCD−ROMに入っている画像処理ソフトです。「ペイント」には透過処理機能がありませんが、「PHOTO EDITOR」にはあります。

 「GIF形式」画像を修正する場合は、そのままの画像形式で行うよりも「BMP形式」に変換してから行った方が良いでしょう。「GIF形式」のままだと使える色が限られるからです。

 「GIF形式」画像を「ペイント」で開いて、→「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリックして、→「BMP形式」で保存します。保存したファイルを「ペイント」で開いてから修正をします。

 写真など色数の多い画像は「JPEG形式」、色数の少ない画像は「GIF形式」で保存します。「GIF形式」は256色ですから、写真などには向いていません。色数の少ない画像を「JPEG形式」で保存すると色が滲んでしまいます。

 「ペイント」で画像の余白を削除する場合、画像の右辺と下辺はドラッグ出来ますが、左辺と上辺はドラッグ出来ません。このような場合には「変形」→「反転と回転」とクリック、→「角度を指定」→「180°」とチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。これでドラッグ出来ますね。

 ドラッグが終わったら再度「変形」→「反転と回転」とクリック、→「角度を指定」→「180°」とチェックを付け、→「OK」ボタンをクリックします。次に「ファイル」→「上書保存」とクリックします。

 画像を2枚並べて比較する場合は、「ペイント」で1枚目を普通に開き、→キャンバスを大きくしてから、→「編集」→「ファイルから貼り付け」とクリック、→ダイアログで2枚目の画像を選択、→「開く」ボタンをクリックします。

 2枚目の画像が「ペイント」のキャンバスの左上に表示されますから、これをドラッグして1枚目の画像に並べます。