62歳パソコン教師の日記 NO.366(2001.1.15)


 このマガジンは1月15日号ですが、配信予約が16日朝になってしまいました。ご了承ください。

 昨日のマガジンではプロバイダ「ドリームネット」に対する鬱憤を書いてしまいましたが、その日の午後6時18分にドリームネットから「メールサーバ障害復旧のお知らせ(お詫び)」が送信されてきました。復旧してから1時間半も後です。そのメールには次のように書かれていました。

【発生日時】1月14日(日) 3:00頃
【復旧時間】1月14日(日) 4:40分

 これでは1時間40分で復旧したことになります。実際は午前3時から午後4時40迄ですから13時間40分もメール受信ができなかったのです。故意に午前と午後の文字を書かなかったとしか思えません。

 十数時間もメールの受信ができないなんて、今の世の中では考えられません。大きな被害が発生しても不思議ではありません。これに対するお詫びの言葉は、メールのタイトルの後に付いた(お詫び)の3文字だけでした。

 ドリームネットに抗議のメールを送信しましたが、36時間が経過しても何の返事もありません。これが「ドリームネット」の体質のようです。

【ホームページの表作成にエクセルを利用する】

 昨年から、暇をみながら私が所属する宅建協会のホームページの作成を進めていますが、今日は会員名簿の作成をしました。「エクセル」で作成したデータがありますから、これを「メモ帖」にコピーして、各項目の間に表を 作るタグを入れていく作業です。

 会員数は370社です。項目は「社名」「郵便番号」「住所」「電話番号」「FAX番号」の5項目です。下記にようにタグを項目の間に貼り付けていくのです。

<TR><TD>社名</TD><TD>郵便番号</TD><TD>住所</TD><TD>電話番号</TD><TD>FAX番号</TD></TR>

 ところが、始めてみて気が付いたのですが、貼り付ける箇所は2220箇所もあるのです。これでは1日かけても終わりそうにありません。

 そこで考えたのが、「エクセル」のデータにタグを入れてから「メモ帖」に貼り付けるという方法です。

  1. 「社名」の列を選択、→「挿入」→「列」とクリックすると、「社名」の 列の左に新しい列が挿入されます。その一番上のセルに と入力、→そのセルを右クリック、→「コピー」をクリックします。

  2. そのセルの下の全てのセルを選択、→その上で右クリック、→「貼り付け」をクリックします。→この列のすべてのセルにタグが入ります。

  3. 同じ要領で他の5列にもタグを貼り付けます。

  4. ドラッグですべてのセルを選択、→その上で右クリック、→「コピー」をクリックします。

  5. 「メモ帖」を起動、→「編集」→「貼り付け」とクリックします。

  6. タグと項目の間のスペースを削除します。
 1〜5までは僅か5分でできました。ホームページに大きな表を作る場合は「エクセル」でタグも入力してから「メモ帖」に貼り付ける、これが便利ですよ。